最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

大人になってから裏側矯正を始めるとリスクはある?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/21

子供のころに治療をしなかったために、大人になってから歯の矯正を行おうと考えている人は少なくないはずです。

ただ、大人になってから治療するのはリスクがあるのではないかと不安に感じる人は多いのかもしれません。

いくつか考えられることがありますので、事前に頭に入れておいてそれから実際に治療するかどうかを判断しましょう。

歯の裏側だからより違和感を覚えやすくなる

歯の裏側に器具を装着して治療する裏側矯正ですから、全く違和感がない状態で器具を装着できるわけではありません。歯の表面の場合は目立つけれど、裏側であれば目立たない反面、舌にぶつかりやすくなるリスクがあります。

しゃべったり、食事をしたりしていなくても舌は動きますし、歯の裏側に舌の先端がつくことはあります。その度に器具に触ってしまいますから、かえって気になって触ることがあるかもしれません。

話をするときもこれまでなかったはずの器具があるために気になって仕方がないかもしれません。特に、サ行とタ行とラ行が発音しにくくなるために、しゃべっているときに呂律が回らないような感じがするかもしれません。

歯の裏に舌が付いた状態で発音するので仕方がありません。もちろん、食事をするときにも違和感があるので最初のうちはどうも食べにくいと感じるのではないでしょうか。慣れないうちは噛みにくく感じるでしょうし、頬の内側を誤って噛んでしまうことも珍しくはないかもしれません。

いろいろな面で違和感があるのですが、徐々に慣れていくはずです。個人差がありますが、一週間から二週間くらいすればかなり慣れてくるはずですが、誤って頬を噛んでしまい口内炎ができるとそれが治るまでに時間がかかる可能性はあります。

痛みを感じたり虫歯になりやすくなる

一般的な矯正治療でもそうですが、裏側矯正であっても器具を装着してからしばらくの間は痛みが生じるでしょう。特に食事のときには痛みを強く感じるかもしれませんので、食事の時間が長くなったりあまり食べられなくなる可能性もあります。痛みに関しては一週間くらい経過すれば改善されるはずですが、他にも考えられるリスクがあります。

歯の裏側に器具を装着しているために歯を磨きにくくなる上に、鏡を使ってもほとんど見えないので磨き残しが多くなりやすいです。通常の矯正治療をおこなっていても器具を装着している箇所は磨き残しやすいのですが、裏側矯正ならば見えないだけにより磨き残しが多くなるでしょう。いつも以上に丁寧に磨くようにするのも大事ですが、歯ブラシの形を変えて見る必要があるかもしれません。歯の裏側を磨きやすい形の歯ブラシも多数販売されていますので、変わった形の歯ブラシを使う必要があるかもしれません。

磨き残しで考えられるリスクは虫歯だけではありません。歯周病になるリスクも高くなりますので、丁寧に磨くようにしてください。特に何もしていない大人であっても歯周病になっている人が多く、ほとんどの大人が歯周病だと言われているほどです。器具を装着しているだけで磨きにくくなるので、普通の人以上に歯周病になりやすいでしょう。

定期的に歯科医院に通ったときには磨き残しまで綺麗にしてもらえますが、せっかくですからブラッシング指導をしてもらいましょう。どこか磨きにくいところがあれば、歯科医院に言ったときに遠慮なく聞いてみて、その通りに歯を磨くようにしてみてください。そうすれば、磨き残しがかなり少なくなるでしょう。

顎関節症や治療後に戻りやすいリスクがある

成長期を利用して治療するときは、顎が動きやすいので治療期間が短くて済んだり、体への負担が少なくて済みます。しかし、大人になってしまうと顎の骨が動きにくくなりますから、子供が治療する場合と比べるとかなり体への負担が大きくなります。顎への負担が大きくなることもあって顎関節症になる可能性まで考えておいたほうが良いです。

もしかしたら、外科手術をおこなわなくてはならないこともあるので、他の口腔外科を受診することがあるかもしれません。大人になるまでずっと歯並びが悪かったわけですし、顎の骨が動きにくいものを無理やり動かして治療していますから、治療後のことを考えなくてはなりません。実は、治療後に歯が治療前の状態に戻ろうとしてしまうので、治療が終わった後もリテーナーを使って後戻りしないようにします。リテーナーも数年間装着することになるので治療期間が長くなってしまいます

 

大人になってからであっても目立たない裏側矯正を選ぶこと自体は良いことですが、いくつものリスクがあるので気をつけてください。東京であれば、最新治療を導入している歯科医院が多いので、かなり体への負担が少なくて済む可能性は十分にあります。

ただ、裏側矯正は自分に合った器具をオーダーメイドする必要もあるために、治療費が高くなりやすいのでそのことも頭に入れておきましょう。リスクはありますが、周りに知られずに矯正できるので慎重に考えてから決断してください。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
銀座矯正歯科の画像
渋谷矯正歯科の画像
記事一覧