最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正には年齢制限がある?

病気に対する治療の中には、何歳以上にならないと受けられなかったり、何歳以下でないと受けられない等があります。

自分が受けたい治療において一定の制限があるなら、その条件を満たしている間に受けなければいけないでしょう。

基本的には誰でも行うことができる

病気などになったとき、一定の治療を受けることになるでしょうが、必ずしも治療が受けられないときもあります。

それぞれの治療によって適齢が定められているときがあり、若すぎて受けられない、高齢すぎて受けられないなどがあります。

これは数字などで厳密に決められているので、いくら体に問題がないとしても受けられない可能性があり、日本で受けられないのであれば、制限の少ない海外などに行って治療を受けるなどが必要になるでしょう。

では歯列矯正における裏側矯正には年齢制限があるかですが、こちらに関しては特に制限が設けられていませんので、基本的には誰でも受けることができると言えるでしょう。

もちろん受けるのに適している人もいれば適さない人もいるので事前のカウンセリングなどが必要になるでしょうが、何歳だからダメで何歳だから受けられるなどの区別はありません。

歯列に関しては悪くなるとどんどん悪化する可能性があるため、まずは歯科医に行って今の状態を確認する必要があります。

自力で悪くなった歯列を良い状態に戻すことは難しく、いくら歯磨きなどのオーラルケアをきちんとしている人でも悪化する可能性がありますので、鏡などで歯並びを見て、気になる部分があるなら歯科医師に相談してみると良いでしょう。

それぞれの人の状況に応じて、部分的に行う方法がいいとか、全体的に行う方法を取った方がいいなどと提案してもらえます。

子供のころから行うと安定しやすい

子供と大人とでは体格が大きく異なります。

子供はどんどん成長し、生まれた時に数キロだった体重は数年後には10キロを超えるようになります。

もちろん身長もどんどん伸びますがこれは成長しているからです。

人によって成長する時期は異なりますが、成人ぐらいになってくると徐々に成長の度合いが弱まってきます。

脂肪などはどんどんつくので体重が増え続けることはありますが、身長は骨の成長が止まればそれ以降は伸びにくくなります。

子供が成長するとき身長だけが伸びるように感じますが、実際には体のいろいろな部分が成長します。

頭の大きさも成長するにつれて大きくなり、顔の輪郭なども変化しますから、子供のころの写真と大人の写真を見比べると、面影があったとしても大きさは異なるでしょう。

子供から大人になるにつれて骨が成長するので、何か問題がある時には子供の時に治しておくのが良いとされます。

小さい子供でも歯列が良くない子がいて、そのままにしていると悪い歯列のまま歯が成長し、さらに歯の土台になるあごなどにも影響することがあります。

歯列矯正として裏側矯正がありますが、特に年齢制限はないので子供でも行うことができますし、どちらかといえば子供のうちに行っていた方が良いとされます。

子供が行うメリットとして、歯が動くスピードが速いので治療が早く終わる可能性があります。

きれいな歯列にした状態でその後成長できるので、きれいな骨格のまま顔の骨を成長させることができます。

高齢でも歯の状態が健康なら行える

誰でも必ず訪れるのが老化です。

生まれてからどんどん成長などをしていきますが、早ければ20歳代から老化を始める部分もあるようです。

肌などであれば30代以降どんどんしわなどが増えていきますし、視力は40代以降急激に落ちることがあります。

脳の老化が進めば生活に影響することもあるので、老化に対して不安を感じている人もいるでしょう。

ただ誰にでもやってくる老化を遅れさせることは可能で、日頃から健康的な生活をしていれば、一般の人に比べると老化を遅くすることができます。

老化を遅れさせれば、いろいろなメリットがあります。

体の中では歯も老化をする部分と言えます。

虫歯や歯周病など病気になるとどんどん弱ってきて抜けてしまうかもしれませんし、さらに歯並びなども悪くなる可能性があります。

歯磨きなどをきちんとして健康的に保てれば、抜ける歯を無くせますし、きれいな歯並びを維持することもできます。

もし歯並びが気になるからと裏側矯正を受けようとしたとき、特に何歳以上だからできないなどはありませんが、高齢だと歯の状態が良くないケースがあり、受けられないこともあります。

治療が受けられる条件として、歯がしっかりしていることが挙げられます。

歯周病などになってしまうと歯がぐらぐらした状態になるので、そのままでは行えませんが、歯周病の治療を行った上であれば、矯正をすることができるかもしれません。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧