最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

歯列矯正の治療期間は平均どのくらい?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/07

歯列矯正というと歯にギラギラの装置をつけて長い間過ごすというイメージを持っている人は少なくないです。ただ最近は他人に気づかれない裏側矯正などが登場し、矯正技術が昔よりも格段に進歩しています。目立たない矯正なら長い治療期間も周りを気にしないで生活できます。

虫歯や歯周病の治療をしてスタート

笑ったときや話したときに気になる歯並びを、歯科クリニックで矯正器具によって修正するのが歯列矯正という矯正治療です。歯列矯正は子どもからでもでき、最近では社会人になってから自分の意思で取り組む人も増えてきています。歯並びを矯正して美しくすることでコンプレックスがなくなって自分に自信が持てるようになる、仕事の能率がアップするなどたくさんのメリットがあります。

ただ、かみ合わせや歯並びの矯正完了までにかかる期間は決して短いものではありません。歯列矯正を始めるなら、スケジュールをあらかじめ決めて計画的に取り組むことが大切です。まずどんな矯正をするにしても共通しているのが、歯列矯正をする前に虫歯や歯周病を完治しておくことです。

そのため、まずクリニックで歯や歯茎の具合をチェックし、必要であるならば治療をする必要があります。虫歯や歯周病を治して口腔内を綺麗な状態にしてからやっと歯列矯正のスタート地点に立てるのです。虫歯に気づかないまま矯正をすると途中でストップして虫歯治療をしなければならず、矯正スケジュールが乱れてしまうので注意が必要です。

見えない矯正の特徴や治療にかかる時間

人それぞれ歯並びはまったく違うため、治療期間は一概にこれくらいとはいえません。また、矯正器具にはさまざまな種類が存在するためどれを使うかによっても矯正治療期間が違ってきます。社会人に人気なのが、他人にわからない方法でこっそりと矯正する「見えない矯正」です。

裏側矯正または舌側矯正は、歯の裏側に金属ブラケットを装着する歯列矯正で、周りからは気づかれないで歯並びを治せることから最近注目が集まっています。裏側矯正の治療期間は一般的に1年から3年、平均的には2年ほどといわれています。

治療をしている間、3週間に1回ほどのペースでクリニックに通院し、器具を調整してもらう必要があります。金属ブラケットという矯正器具は外れやすいという特徴があり、慣れるまでに時間がかかります。違和感があるうちは発音しにくいですが、時間が経過するにつれていつもと同じように話せるようになります。

裏側矯正は歯の裏側に器具を取り付ける特殊なやり方で、まだできたばかりの新しい歯列矯正なので取り扱っているクリニックは限られます。また、歯並びを綺麗に修正するためには腕のよい経験ある医師のもとで治療をすることが大切なので、クリニック選びはとても重要です。

歯の後戻りを防いで固定する期間

歯がブラケットの力で動いて美しいポジションに収まるまでにかかるのは平均的に2年程度です。ただそれで終わりではなく、そのあとに「保定期間」というのがあります。保定期間とは歯列矯正で動いた歯を、そのままの状態でキープするために必要な期間のことです。歯というのは治療で無理やり動かしても、歯茎の繊維が動いて最初にいたポジションに戻ろうとする特徴があります。

そのため、矯正をして希望通りの歯並びになったとしても、まだ不安定な状態でそのままにしておくと元に戻ってしまうのです。そうなってしまうと、せっかく長い年月をかけて苦労して治した歯並びが台無しです。そういった意味でも、保定期間というのは歯列矯正にかかる治療期間において、とても重要な時期なのです。

矯正器具は違った「保定装置(リテーナー)」という後戻り防止専用の装置を、矯正したあとの歯につけて行います。保定装置は針金のような金属と合成樹脂でできていて、金属ブラケットのように歯にがっしりと装着するものではなくある程度取り外しが自由です。保定装置は金属ブラケットとは違ってつけっぱなしではないのである程度楽で、食事のときやブラッシングのときは取り外すことができます。

ただ油断は禁物で、修正した歯並びの後戻りを予防するために医師の指示に従いなるべく外さないように過ごすことが大切です。痛みはないですが、保定装置を外す時間が増えると歯が後戻りしてきて痛みを感じる場合があります。だいたい矯正後は1年程度保定装置をつけて過ごし、その後一日6時間だけ、夜寝る間だけなど、つける時間を徐々に短くしていきます。保定が機能していれば歯列矯正した美しい歯並びが固定されて、一生そのままの状態で過ごすことができます。

 

希望通りの美しい歯並びにするにかかる治療期間には「矯正期間」と「保定期間」の二つがあります。社会人に人気の見えない矯正・裏側矯正の場合は二つ合わせて3年ほどかかると見ておきましょう。もちろん治療が完了して歯が後戻りしないようになるにはある程度個人差はあり、早いと2年で終わる場合があるし長いと3年以上かかる場合があります。医師の指示を守りしっかりと矯正装置や保定装置をつけていればスケジュール通りに完了します。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧