最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正ができない場合はある?

歯科矯正を受ける時、基本的には表に器具を装着する治療方法になります。

歯科医院によっては裏側に器具を装着する方法が選べるときがあるので、探してみると良いでしょう。

誰でも裏側矯正の治療ができるのかも知っておくと良いでしょう。

歯科医院が対応していないときは難しい

歯に食べ物が挟まっているとき、鏡で見るとあまり大きくないものでも指摘されることがあります。

歯は真っ白なのが一般的と多くの人は考えているので、白以外の色があると良く目立つためでしょう。

金属のかぶせ物や金歯、銀歯なども結構わかりやすいです。

となると歯の矯正をするときに前側に器具を装着する方法だとかなり目立ちます。

方法によっても多少異なりますが、通常は歯と歯をつなぐように器具を装着していきます。

銀歯などよりも目立つので、見た目を気にする人は矯正自体をあきらめる時もあります。

その時に検討したいのが裏側矯正でしょう。

器具を歯の表側でなく裏側に装着して矯正する方法で、器具が裏側なのでまずわかりません。

見た目を気にする人にぴったりの方法と言えます。

しかし歯科医院によっては対応していない場合もあります。

矯正は基本的には自費診療で、審美歯科などを治療内容としているところで受けられます。

ただ高度な技術が必要なため、矯正治療を行う歯科医師すべてがこの方法ができるわけではありません

ホームページなどでも裏側での治療ができませんとわざわざ書いてくれるところはなく、未対応の所では当たり前のように表側の治療を始めようとします。

ホームページなどで調べる時は、裏側矯正に対応していることをきちんと書いているところを選ぶようにしましょう。

必要な費用を払うことが難しい時

病気などで治療をしないといけないときはまず診断を受けます。

そして病気の特定をしたり原因の追究などを行い、原因が分かればそれに対する治療方法などを考えてくれます。

一つの病気に対して、一つの治療方法しか取れないときもあれば複数の治療方法が取れる時があります。

複数の治療方法があるときはそれぞれのメリットなどを教えてくれ、患者が選べるようにしてくれます。

では歯の歯列矯正をしてもらうときはどうかですが、歯科医院によってはいくつかの方法を選べるときがあります。

基本は表側に器具を装着する方法になり、歯列矯正を行ってくれるところならどこでも行ってくれます。

それ以外に裏側矯正ができるところがあり、メリットなども教えてもらえます。

裏側に器具が装着されるので表側に金属部分が見えず、見た目を気にする人には最適な矯正方法になります。

しかしそれができない場合があります。

それは必要な費用を払うことが不可能なときです。

表側の矯正料金も自費だと非常に高額です。

しかし裏側はより高度な技術が必要になるため、さらに高い料金がかかる可能性があります。

少しの差なら裏側を選びたくなりますが、歯列矯正は比較的長期にわたるため時には100万円近くかかるときもあり、表側と裏側とで10万円以上の差が生じる時もあるので、なかなか選べないときもあります。

十分な収入がある人であれば簡単に選べるかもしれませんが、若い人などだと少し考えないといけないかもしれません。

継続して同じ治療院に通えない時

会社等に勤務をしていると、一定期間ごとに転勤がある場合もあります。

同じ地域内での転勤なら引越しをせずに通勤ができる時もありますが、地域が異なるところだと通勤が難しくなるときもあり、その時は住むところを変えて仕事をしなければいけません。

引越しをすればそれまで利用していたサービスなどを継続して利用できなくなり、そのために不具合が生じることがあるかもしれません。

一般的な歯の治療のために歯科医院を利用しているとき、その途中で引越しをすることになってもある程度は引継ぎをしてもらえます。

次に行く予定の歯科医院にカルテなどを送ってもらったり、自分で渡したりすればそのまま治療してもらえるでしょう。

しかし矯正治療の中でも裏側矯正の時は引継ぎが難しくなります

そのために近々転勤などがあるのであればできない場合もあるので注意しましょう。

高度な技術が必要なので、どこの歯科医院でも行えるわけではありません。

できるだけ一つの歯科医院ですべて治療を完了できるのを前提に治療を開始すると良いでしょう。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧