最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

出っ歯の裏側矯正ができないケースを解説

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/03/05


出っ歯をコンプレックスに感じている人の中には、歯列矯正で治したいと考えている人も多いかもしれません。目立たない矯正治療として裏側矯正がとても人気ですが、中には希望しても裏側矯正ができない場合もあるようです。裏側矯正についての正しい知識を身に付けていきながら、治療が困難なケースなどについて解説していきます。

裏側矯正がメニューにない矯正歯科医院もある

出っ歯の人が裏側で矯正ができない理由として、そもそも自分が通いたい矯正歯科の先生が裏側矯正を行っていないということもあります。東京エリアにはたくさんの矯正歯科があるので、裏側の矯正に対応をしている矯正歯科医院も数多くありますが、一方で、東京で開業しているすべての矯正歯科医の先生が裏側矯正をできるというわけではないのも事実です。

通常の表側にワイヤーを装着する表側矯正では、歯科医が目で直接位置を確認しながらブラケットを装着したりワイヤーを調節したりできるので、ほぼすべての矯正歯科医が治療メニューとして取り入れることができます。しかし裏側での矯正は、直接目で確認しながら作業を行うことができないので、あらかじめ模型を作成した上でブラケットの接着作業を行うインダイレクトボンディングという工程が必要となります。そのため、模型の上でブラケットを正確に再現できる特別な技術を要するほか、手間や時間も多くかかるのです。

また、歯の裏側は表側と比較すると複雑な凹凸があるので、装置を付ける範囲も狭いことから、毎回の診療や調整にもかなり高度な技術が必要となってきます。そこで、歯科矯正医の中には裏側矯正を矯正メニューに入れていないところもあるのです。東京の矯正歯科で出っ歯の裏側矯正を確実にやりたい時には、裏側矯正をやってくれる歯科医院かどうか、裏側の矯正を得意としている先生かどうかを事前に確認しておくようにしましょう。

滑舌や発音の影響が出るので、喋ることを職業にしている人は注意

次に出っ歯の裏側矯正ができないケースとして、裏側矯正の矯正治療中に滑舌が悪くなることが原因となる場合があります。裏側矯正は歯の裏側に装置を付けるので、他人からまったく気付かれることがないという点でとても魅力的ですが、デメリットとして治療中の滑舌や発音に影響を及ぼすことがあるのです。

これは歯の裏側にある器具によって舌の動きがさえぎられ、舌が歯に付くようなさ行とた行などがいいづらくなるからだとされています。そのため東京エリアにも多くいるアナウンサー、歌手、受付嬢などの喋ることを専門とする職業に就いている人は、目立たないからといって安易に裏側矯正をしてしまうと、矯正器具を装着した後に思うように喋ることができなくなり、後悔することにもなりかねません。

もちろん影響がでる程度は個人差もあり、人によっては慣れてくるとスムーズに発音ができるようになったり、完全に気にならなくなる人もいます。また、発音のレッスンを繰り返し行うことによって克服できる可能性もあり、滑舌に影響がでにくい装置の開発も進んでいるので、最初からそのような装置を取り扱っている矯正歯科医院を選ぶことも良策です。

しかし、裏側矯正の装置はオーダーメイドとなっていて高額であることから、一旦治療を始めてしまうと簡単には中止できません。発音への影響については矯正歯科医とよく相談してから、慎重に治療方法を選択するように注意しましょう。

金属アレルギーの人や費用を安く抑えたい人は相談が必要

そのほかに出っ歯の人が裏側矯正ができない要因となるものに金属アレルギーがあります。最近では多くの歯科矯正の装置にプラスチックやセラミックが採用されていますが、裏側の矯正では患者の違和感を少なくすることを目的としてできるだけ装置を薄くする必要があるので、すべての装置が金属製となっているのです。

滑舌の場合と同じく、裏側矯正を装着してしまってからアレルギー反応を起こしたといっても、全額を返金してくれる矯正歯科医院はありません。金属アレルギーにはニッケル、亜鉛、パラジウムなど人によってアレルギー反応がでる金属の種類に違いはありますが、多少でも金属アレルギーの傾向がある人は裏側矯正を選ばない方が無難であるといえるでしょう。

また、滑舌への影響や金属アレルギー以外でも、費用の面で自分の条件と合わなくて出っ歯の裏側矯正をあきらめる人もいます。裏側の矯正は装置自体が高価であるだけでなく、歯科医の手間がかかり、診療も煩雑になることから、ほとんどの矯正歯科医院で通常の表側矯正よりも費用が高額に設定されているのです。

最近では費用を安く抑えるために、上顎だけに裏側矯正を施すハーフリンガルという矯正メニューを取り入れている矯正歯科医院が東京にもあります。費用の面だけが条件に合わない場合には、最初から無理だと諦めずに、1度矯正歯科医の先生に相談してみることをおすすめします。

 

裏側矯正は非常にメリットの多い魅力的な矯正方法ですが、人によっては選ばない方がいい場合や別の矯正器具の方が適している場合もあります。いずれにしても事前に先生とよく話し合いをした上で、後から後悔することがないように治療方法を選ぶとよいでしょう。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科銀座矯正歯科
ポイントオリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧