最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正とインプラントは組み合わせられる?

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/02/15


東京では目立たない歯列矯正の選択肢として、裏側矯正が人気です。ブラケットを金属ワイヤーでつなげる従来の治療に比べても、歯の裏側にブラケットを設置するので気づかれることなく歯並びを改善できます。しかし、ときにはインプラント治療と組み合わせることが効果的と判断されることもあるようです。それはどのような状況なのでしょうか。

大人の歯列矯正が増えている理由とは

東京を中心に大人でも歯並びを改善する治療に前向きな方が増加しています。従来は歯列矯正といえば、成長発育途上にある子どもが受けるものと考えられてきました。しかし最近ではこのトレンドにも変化が見られるようになり、大人でも歯列矯正に取り組む方が増加しています。

理由には審美歯科への関心の高まりと治療技術の向上の二点を想定できます。それというのもホワイトニングやセラミック治療など、終了後の見た目を重視する審美歯科での治療を選択する機会が増加しているからです。むし歯や歯周病などの症状を沈静化させれば、多少見た目は悪くても保険適用の枠内であれば充分と見られていた意識も、機能面の回復はもちろん見た目でも満足できるレベルの治療をよしとする意識変化を垣間見ることができるでしょう。

また裏側矯正を中心にした歯列矯正治療の技術的進歩も重要です。金属製のブラケットを装着しワイヤーでそれぞれをつなぐ矯正治療は、調整が容易で効果も高いメリットがあるものの、非常に目に付くので接客業や営業職などの職種の方は敬遠される傾向にありました。

ところが裏側矯正では、歯の裏側にブラケットを装着するので、治療している事実は第三者にはほとんどわかりません。さらに最近では東京など先進的なエリアでは、インプラント治療を組み合わせることで、さらに選択肢が増えることになりました。

インプラント治療が矯正治療に変更になることはあるか

インプラント治療とは、歯周病などの病気や交通事故などの受傷で歯を失ってしまった場合に、歯肉に人工歯根を移植して人工歯を装着するというものです。インプラント治療は金属義歯に比較して見た目に優れており、租借力を回復させる点では入れ歯に勝ります。

とくに入れ歯では、加齢で歯茎がやせるとサイズがあわなくなり、機能面で充分に噛むことができないといったデメリットが意識されています。そこで東京などでは、保険適用外でありながらもインプラント治療の需要は盛んです。ところでもともとは並びが悪かった人が、歯を失ってしまった場合に、インプラントを行うことなく歯列矯正をメインにして治療を進めることがあります。

矯正治療で失った歯によりできた隙間を埋めることで歯並びの改善と、機能面での回復を狙うというわけです。このような柔軟な治療の選択肢は、インプラントのみを専門に取り扱っている歯科医の場合は困難と言わざるを得ません。

これに対して歯列矯正も両方専門領域にしている歯科医であれば、歯の状況に応じた柔軟な治療が可能です。また歯列矯正の中でも裏側矯正などを選択することで、人目につかずに歯並び改善を図ることも叶います。歯並びを改善するには、複数の治療の選択肢があります。それぞれの状況に応じて柔軟な選択肢を提示できる専門医であれば、治療をカスタマイズする余地が大きく満足度も高いはずです。

裏側矯正との組み合わせも実践されている

東京で裏側矯正をする際に、インプラント治療を組み合わせることがあります。そもそも歯を喪失するというのは前歯よりは奥歯のほうが相対的に多くなります。奥歯の大臼歯を喪失すると、取り外し式の入れ歯で機能回復をはかるのが一般的です。入れ歯になることを回避するべく、インプラント治療を選択することがありますが、このときに前歯を中心に歯列矯正を組み合わせて治療を進めることがあります。

もともと前歯の並びが悪く、歯列矯正に関心を持っていた方でも、大臼歯を喪失することで一層は並びが悪化する傾向があります。なぜなら大臼歯はあごを支える機能を担っていますが、なくなることでかみあわせを支えることができないため、歯並びがさらに悪くなるわけです。

裏側矯正では治療終了後の後戻りをいかに防止するかが、ポイントになります。取り外しの入れ歯は、単に粘膜の上に載っているだけなので粘膜では浮き沈みが大きく抜本的な歯列矯正は困難です。

ところがインプラント治療では、人工歯根をあごの骨に打ち込んで強力に固定し、しっかりあごを支えることができるので、その状態であれば裏側矯正もスムーズに進めることができます。最近では矯正治療用インプラントなども実用化されており、一時的に矯正治療用の細い人工歯根を留置しておき、歯並びが改善してから人工歯根を摘出するといった治療も登場しています。

 

最近の東京では治療技術の進歩と審美歯科が身近な存在となり、大人でも歯列矯正に取り組む方が増加しています。歯列矯正ではとくに裏側矯正は見た目ではわからないので、人気を集めています。歯を喪失してからの裏側矯正ではインプラントとの組み合わせが検討されることもあるようです。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧