最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正装置の種類とそれぞれの値段目安を解説

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/12/16


裏側矯正とは歯の裏側に矯正器具を装着して歯列矯正をする治療のことです。金属製のブラケットを装着する歯列矯正に比べると目立たないことが大きなメリットです。歯列矯正している事実を、第三者に知られるリスクがありません。東京ではこの治療で歯並びを改善できるクリニックが数多く展開しており、値段面でも選択しやすくなっています。

裏側矯正の種類とそれぞれの特徴とは

東京では歯列矯正の際に裏側矯正を治療の選択肢に用意している矯正歯科クリニックに足を運ぶことができます。従来の歯列矯正といえば歯の表面に金属のブラケットを装着し、ブラケット同士を金属ワイヤーでつなげるというもので、視線にとらえられることから一目で歯列矯正している事実がわかってしまうことが普通でした。

これに対して裏側矯正は文字通り歯の裏側にブラケットを装着しますので、基本的に他人には歯列矯正していることがわからないようになっています。しかし最近では治療技術の進歩で、いくつかの選択肢の中から自分にとって最適な方法を選ぶことができるようになりました。

まずブラケットは裏側に装着するものの、基本的に表側矯正と同じブラケットを装着する方法があります。装着中は違和感が強く、定期的なケアのときの治療時間も長くなりますので特定の不正咬合以外ではあまり利用されていません。ブラケットのサイズが小さく、シャッター構造で結索線やゴムリングで縛る必要がない方法もあります。

ワイヤー全面を覆う構造で歯列コントロール性能にもすぐれており、定期的な処置のときの時間も短いことが特徴です。CADソフトを使用し、カスタマイズして製作したブラケットを装着する裏側矯正もあります。カスタマイズになりますので違和感が少なく、最低限の薄さで製作できるメリットはあるものの、他方でブラケット全体が大きくなり外から見えやすい傾向があります。

裏側矯正の値段相場と治療の進め方

東京で裏側矯正の歯並び改善を模索している患者にとって、関心が高い事項のひとつは治療費用の値段の相場ではないでしょうか。歯列矯正は不正咬合の治療を目的とする側面もありますが、審美的な改善を目的としますので健康保険適用対象外の自費診療です。そのためクリニック側が自由に値段を設定できます。

従って治療費用は全額自己負担になりますので、自然と治療費用に関心が集まる訳です。歯列矯正は表側も裏側も値段的にはあまり変わりがないとされています。定期的にケアをする必要がありますので期間的には2年間ほど必要で、値段的には90万円から130万円前後が相場です。

より仔細に治療内容に着目すると、上下とも裏側の歯列矯正(フルリンガル)の場合120万円から130万円程度です。上側だけ裏側矯正で下側は表側矯正というハーフリンガルの場合で110万円から120万円とされています。

ちなみに表側矯正の場合、上下共に矯正する場合は80万円から90万円程度です。裏側矯正のメリットである人目につかないことを存分に引き出すにはフルリンガルがおすすめです。

しかし値段に差が出ますので、見た目は少し譲歩するハーフリンガルという価格面との折り合いで最適解になる患者もいるでしょう。実際には上あご側が目立ちやすいので、上側だけ裏側矯正を装着しても、人目にはほとんど目立ないメリットを享受できるようです。

表側矯正との違いやメリットについて

東京で歯並びをよくしたいものの、矯正装置を付けている姿を他人に知られたくない方にとって、裏側矯正は魅力的な治療法です。表側矯正と同様に固定式で治療が完遂するまで、付けたままになる点では共通しています。

ただし裏側では表側にブラケットを装着するときとは、肉眼で確認しづらかったり歯茎の組織の特徴が異なったりなどの特性があり、高い技術を必要とします。とりわけ歯の裏側の形は個人差が大きいので、患者のコンディションに応じて適宜に調整が必須です。

表側ではワイヤーを装着するにしても、既製品をそのまま利用できますが、裏側では事情が違います。それぞれの歯列に応じて、ワイヤーを曲げる必要があるのです。歯の裏側というと歯磨きが難しく、歯垢による虫歯や歯周病のリスクが気になるところです。

しかし実際には裏側の歯茎の組織には厚みがあり、唾液の循環もよいので虫歯になりづらいというメリットがあります。とはいえブラケットを装着することで、食べかすなどがたまりやすいコンディションになっているため治療中はしっかり、歯磨きを行い、デンタルケアを実践する必要があります。

治療期間の目安は2年ほどになりますが、月に1回ほどのペースで通院が必要です。矯正の進捗状況を確認しながら、ワイヤーの調整や交換を行い、最終的な歯並びになるようにケアを行います。硬い食べ物や粘着性の強い食べ物は控えることがベターです。

 

東京では裏側矯正を選択することで、他人に歯列矯正している事実を知られないまま歯並びを改善できるチャンスがあります。審美面を改善する治療で健康保険適用外になるため、値段的には100万円から130万円ほどが相場になっているようです。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科銀座矯正歯科
ポイントオリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧