最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正するなら認定医が安心?専門医との違いとは

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/16


最近、歯並びを矯正する装置を歯の裏側につける治療を希望する患者さんが増えています。歯の表側につけるよりも目立たないのが大きなメリットで、とくに接客業や営業をしている人からの人気が高いです。しかし東京で裏側矯正をしている歯科医院には、認定医と専門医が存在しているので、本記事ではその違いについて紹介します。

裏側矯正の認定医とはどのような存在か

東京で裏側矯正をしようと考えている人の多くは、いきなり歯科医院を訪れるのではなくインターネットを使ってよさそうなところを探します。家の近所など探し方はさまざまですが、ホームページを見ていると歯科医師の紹介欄に認定医という言葉がでてくることに気づくでしょう。資格がないよりあるほうがいいと考えがちですが、この資格はどういったものなのかを説明できる人は少ないです。

まず、資格を得るためには学会に所属しなければいけません。日本にはさまざまな学会がありますが、裏側矯正の場合は、正式名称である日本舌側矯正歯科学会という学会です。日本矯正歯科学会という学会も存在しますが、こちらは表側に装置をつける矯正も含んでいます。

この学会に入るだけではただの会員ですので、資格を得るためには決められた学術大会や講演会への出席や、治療の実績、研究発表などを行う必要があります。筆記などさまざまな条件をクリアすることではじめて認定医になることが可能です。

肩書のひとつだと軽く考える人もいるようですが、学会に入っていることはもちろん、その中でより深い技術や知識を持っている歯科医師が得ることができる資格です。矯正の技術は常に進歩しているので、新しい治療法を知る場としての学会の存在や、実際に治療に取り入れるきっかけになることも多いです。無所属の歯科医師より信頼が置ける存在といえるでしょう。

裏側矯正の専門医とはどのような存在か

裏側矯正を行う日本舌側矯正歯科学会に入ると会員になり、その中で知識や技術を得ると認定医になれることがわかりました。

では、専門医とはどのような存在なのでしょうか。こちらが認定医よりもさらに資格を取得するのが難しくなります。すでに認定医になっていることが条件ですが、そこからさらに高度な知識や技術を得なければなることができません。

具体的には、治療経験も加味されますので新卒の歯科医師がなりたいからといっていきなりなれるものではないということです。日頃の臨床の中で患者さんの歯並びをきれいにすることはもちろんですが、よりきれいに、より早くという目的をもって治療にあたる先生が多いです。

歯の裏側に装置を取り付けるには高度な技術が必要ですから、より使いやすい器具を開発する先生までいます。ひとりの先生が考えた治療法の効果がわかると学会に発表し、その知識や治療が他の先生たちに伝わります。学会に所属していることで、周りから刺激や知識を受けられるようになりました。

切磋琢磨する中で新しい治療法が次々に考案されていきます。専門医は簡単になることができませんから、経歴に書かれていると勉強熱心な先生であることがわかります。治療だけでなく、研究などもしっかりとして、講演会で自ら発表している先生も少なくありません。矯正の治療をより広めて行こうという気持ちが伝わります。

認定医と専門医の違いを確認する

東京にある多くの歯科医院では、裏側矯正を取り入れて治療を行っています。歯科医師の資格があれば、誰でも矯正治療をできますが、きちんとした治療を受けたいのであれば認定医や専門医であるかどうかもチェックしましょう。学会に参加して資格を得たのが認定医、さらに高度な技術を身に着けたのが専門医です。

せっかく治療をするのであれば専門医の先生にやってもらいたいと思うかもしれませんが、そのような先生は人気が高いものです。なかなか予約がとれないということもあります。認定医のほうが下だから自分はその先生の治療を受けたくないという患者さんもいますが、決して下手なわけではありませんので安心してください。

どちらの先生が矯正の担当になっても、歯並びをきれいにしてくれます。中には顎の骨が小さくて、歯がガタガタになっていまっているだけでなく、出っ歯などさまざまな要因が絡んでいる歯並びもあります。そのような治療は難しくなりますが、経験豊富な先生であれば対応してくれるでしょう。

歯並びをきれいにしたいという患者さんの夢を叶えることはもちろん、噛み合わせなど全身の健康まで配慮してくれる治療です。わからないことがあればその場で聞くようにして、自分の治療への理解を深めるとより安心です。学会などの出席で休診になる場合もあるので、予約などは早めにするとよいでしょう。

 

裏側矯正を東京でやろうと考えている患者さんは、数が多すぎてどこに行ったらいいか悩んでしまっています。認定医と専門医の存在を知るだけでなく、その違いを知ることで自分に合った先生を見つけることができるでしょう。先生の経歴を確認してみるのも参考になります。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧