最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正は専門医におまかせ!指導医とはどう違う?

公開日:2021/03/15  最終更新日:2020/12/16


東京で歯並びをきれいに改善したいとのニーズは旺盛です。日本でも欧米並みに歯並びへのまなざしは厳しくなり、成人以降の年齢でも取り組む方が増加していることが影響しています。歯列矯正にはいくつかの選択肢が用意されていますが、最近人気を集めているのが裏側矯正で、目立ちにくいのが人気のポイントです。

裏側矯正を受けるとき、気になる専門医と指導医の違い

東京で裏側矯正のために歯科クリニックを探していると、認定医や専門医・指導医などの専門用語に遭遇することがあるかもしれません。門外漢には何を意味しているのか、似たような専門用語で戸惑うこともあるでしょう。とはいえ看板や屋内の掲示物にこれらの言葉があれば、意味を知っておけばクリニック選びの判断要素になるはずです。

普段の生活ではなじみのすくない、専門医や指導医など専門用語の意味を確認しておきましょう。最近歯科クリニックで目にするようになった、認定医や専門医・指導医という肩書。実は歯科医師などが所属する各学会が自主的ルールに基づいて認定して付与したものです。

まず認定医ですが、これは各学会の所定の規準により、診療の経験年数や治療実績・論文発表などをふまえて一定の条件をクリアすることで付与されるというものです。

認定医よりもさらに専門的知見や治療技術を身に付けた歯科医師などに付与されるのが、専門医です。

さらにこれらの認定医や専門医を指導する立場にあるのが指導医になります。専門医であることを前提に、さらに試験を合格することのほかにさらに長期の診療履歴や学会所属期間などが必要とされます。

歯科クリニックを受診する立場からすると、認定医や専門医・指導医などの肩書をもっているドクターであれば相応の治療スキルをもっていることの目安になるでしょう。

裏側矯正で歯列矯正をするメリット

東京には裏側矯正の専門医や指導医が数多く歯科クリニックを経営しています。従来から主流だった表側矯正との違いやメリットはどこにあるのでしょうか。一般的な歯列矯正は、歯に金属製のブラケットを装着してワイヤーで接続し、定期的に負荷をかけて歯を動かすという治療です。

これに対して裏側矯正は歯の裏側に、リンガルブラケットと呼ばれるものを装着してワイヤー同士でつなげるという治療になります。よほど大きく口を開けない限り人目につくことがないので歯列矯正していることがわかりません。審美的に優れているので、接客業や営業職など表側矯正は難しい患者でも歯列矯正に取り組むことができるのが大きなメリットです。

また歯列矯正では原則的に治療が完了するまでブラケットなどを装着したままになります。当然のことながらブラケットの周りや、ワイヤーなどがつながる歯間や歯周ポケットなどに食物カスなどがたまりやすくなります。そのため歯列矯正中は歯周病や虫歯のリスクが高くなるのが一般的です。この点も歯の裏側には唾液が循環する構造になっているので、表側矯正に比べると歯周病などの発症リスクは低いとされています。

そして裏側矯正の特徴のひとつに、いわゆる出っ歯に効果的な点も指摘できます。裏側矯正では裏側からけん引する力を利用して歯列矯正するので、前歯に適度な負荷がかかり奥に引っ込みやすいとされているからです。

裏側矯正を受けるにあたって注意すること

東京で歯並びの改善を目標にされている方は、見た目に目立たないことや歯周病リスクの低さなどを意識しているかもしれません。確かに魅力的な歯列矯正治療の選択肢ですが、注意をはらうべきポイントもあります。

まず費用面ですが、審美目的の治療になるので公的健康保険の適用外の自費診療になります。全額自己負担になるので、相応の出費が必要です。

費用相場は表側矯正で60万円から100万円前後になるのに対し、裏側矯正では80万円から150万円前後となっています。通常矯正に比べると治療費は高くなっていますが、これは歯の裏側の形状は複雑で個人差が大きく、ワイヤーを調整しながら装着するなど高い技術が要求されるからです。

また裏側装着は平常時でも舌先がブラケットに接触しやすくなります。そのため装着後に違和感を覚えることも。もっとも違和感を覚えるのは装着後2週間程度で、最近では装置全体のサイズがコンパクトになり、違和感はある程度改善されています。

ところで言葉を発音する際、歯の裏側に接触させることで発音することがあります。さ行やら行、た行などが日本語の発音では裏側矯正のブラケットの影響で発音が不明瞭になることも。

そして歯の裏側にブラケットを装着する関係で、表側矯正よりもさらに歯磨きなどが難しくなります。そのため入念な歯磨きが不可欠で、定期的に専門の装置で歯垢などの除去措置も必要になってきます。

 

東京では裏側矯正の専門医や指導医が所属する歯科クリニックが数多く展開しています。高い治療技術が要求される反面、ブラケットやワイヤーなどが歯の裏側に装着されるので、普通の会話程度では視線が届きにくいメリットがあります。ただ費用面はやや高額で歯磨きなどの手入れが難しいなどの注意点もあります。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧