最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正中のおすすめの食べ物

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/04/05


歯磨きがしづらくなったり滑舌が悪くなったり痛みが生じたりなど、裏側矯正の治療中につきまとうトラブルや悩みやストレスはたくさんありますが、スムーズに食事をできないというのもその一つです。東京の歯医者さんが推奨している裏側矯正中でも安心して食べることができるおすすめの食べ物を知って、食べにくさを解消させましょう。

エネルギー補給のための炭水化物は柔らかいものを

三大栄養素の一つである炭水化物は、エネルギー補給のために必要不可欠なものです。糖質を多く含み高カロリーであるためダイエットの大敵にはなりますが、不足するとエネルギー不足に陥り元気にアクティブに生活できなくなってしまいますし、便秘の原因にもなりますので適量をコンスタントに摂取するべきです。

裏側矯正の治療中におすすめの炭水化物の食べ物として、東京の歯医さんが推奨しているものがあります。それは、お粥や雑炊やリゾットやクッパなど水分が多めで柔らかいお米のメニュー、しっかりと柔らかく煮込んだうどんなどです。

柔らかくて咀嚼がしやすい食べ物を選ぶのが無難といえます。裏側矯正中に避けるべき炭水化物メニューとしては、噛むのが大変なフランスパンや硬めに炊いたご飯やアルデンテに茹でたパスタや粘り気のあるお餅などがあります。ハード系のパンは咀嚼に苦労しますので、どうしてもパンが食べたいときは蒸しパンなど柔らかいものを選ぶようにしましょう。

お米が食べたい場合は水分多めで柔らかく炊き上げ、パスタが食べたいときは芯が残らないように10分以上茹でるべきです。お餅は柔らかい食べ物ですが、粘着力があるので裏側矯正の装置に引っ付いてしまったり挟まってしまったりなどの問題がつきまといます。柔らかくて歯に付きにくいものを選んで炭水化物を摂ることを意識しましょう。

タンパク質を摂取したいなら豆腐や卵がおすすめ

タンパク質は皮膚や髪の毛を美しく健やかに保ったり筋肉量を増やしたりなどの役割を担っている栄養素で、不足すると体のあらゆる機能が低下してしまいます。裏側矯正中で食べられるものが制限されていても、健康な体づくりのためにきちんと摂取すべき栄養素です。

タンパク質といえば肉や魚に含まれている栄養素というイメージが強く抱かれがちですが、それ以外の食べ物にも意外と多く含まれています。肉や魚は咀嚼がしにくいので、裏側矯正中の食べ物としては不向きです。

東京の歯医者さんがおすすめしているタンパク質が豊富な食べ物といえば、卵と豆腐です。卵と豆腐に共通する利点は、柔らかくて咀嚼がしやすくアミノ酸が豊富で栄養価が高いということです。手軽にタンパク質を補うことができる食材ですので、積極的に食事メニューに取り入れましょう。

美味しく食べられる裏側矯正中に最適なおすすめのメニューについてですが、茶碗蒸しやオムレツや卵スープや冷奴や豆腐の味噌汁などがあります。雑炊やお粥に卵を入れれば、炭水化物とタンパク質を美味しく効率よく摂取できます。

豆腐には食物繊維やビタミンEがたっぷりと含まれており、腸内環境を整えたり糖質や脂質の吸収を抑えたり老化を防止したりなどの作用もあります。毎日豆腐を食べ続けるのが難しいという場合は、豆乳を飲んでタンパク質を補給するという方法もおすすめです。

ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物もしっかりと食べる

炭水化物やタンパク質だけではなく、ビタミンやミネラルも積極的に摂取すべき大事な栄養素です。ミネラルやビタミンはストレスや喫煙や疲労などによって大量に消費されますので、意識的に摂りましょう。

ビタミンCやビタミンB群などの水溶性のビタミンは、体の中で使われなかった分はすべて尿と一緒に排出されるので、体の中に長くとどめておくことができません。水溶性のビタミンは一気に大量に摂取せず、こまめに少しずつ摂取するのが理想的です。ミネラルやビタミンが多い食べ物といえば野菜や果物です。

東京の歯医者さんがおすすめしている裏側矯正中に最適な食べ物としては、バナナやアボカドや桃やマンゴーなどの柔らかい果物、マッシュポテトやポテトサラダなどサツマイモやジャガイモを茹でて潰して滑らかにしたメニュー、野菜を柔らかく煮込むスープやお鍋などがあります。

果物はおやつ代わりにもなり手軽にビタミンをチャージできる食べ物ですが、裏側矯正中はとにかく柔らかいものを選んで食べましょう。硬いリンゴや繊維質で咀嚼がしにくいパイナップルなどはNGです。野菜も蒸したり茹でたり煮たりして柔らかくしてから食べるのがベストです。

フレッシュ感を味わいたい場合は、ミキサーやブレンダーやジューサーを使って果物や野菜をスムージーにして飲むというのがおすすめです。飲み物にしてしまえば、裏側矯正装置に負担をかけることなくビタミンとミネラルを効率的に摂取できます。

 

裏側矯正の治療を行っている期間中でも安心して食べられるものはたくさんありますので、柔らかいものを選んだり調理方法を工夫したりして、しっかりと栄養をチャージしましょう。東京の歯医者さんに相談すれば、食べてもよいものとNGなものを優しく丁寧に教えてくれます。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科銀座矯正歯科
ポイントオリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧