最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正で歯が動く仕組みとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/27

歯の矯正をおこなうときは、どのくらい痛みが出るかなどを知るのも大切ですし、歯が動く仕組みを考えるのも大切です。裏側矯正は表側矯正よりも手間はかかりますが、ワイヤーが舌側にあるので目立たないという大きな利点があります。

どのような方法で歯を動かしていくのか

歯の矯正医療を受けるときは、歯が動く仕組みを考えるのが大切です。歯の矯正治療では身体の生理的な反応を利用します。歯の矯正で最も一般的な方法は、歯にブラケットという装置を付け、そこに正しい歯列の形をしたワイヤーを通すという方法です。こうすることで歯に少しずつ力を加えていけて、歯を動かして歯並びを整えることができます。

ワイヤーが元の形に戻ろうとする作用を利用するのが歯の矯正です。少しずつ歯に力を加えていくと、理想の歯の形が完成します。ワイヤーの形などは月に1度ぐらい歯の動きに合わせながら調整していきます。

歯の周りに歯を支えるための骨があります。骨と歯根 の間には歯根膜があります。歯根膜は弾力のある薄い膜です。歯根膜は食事をなどをするときに力がかかります。食事のときなど歯の力がかかるときに、歯にかかる衝撃を和らげる役割が歯根膜にはあります。矯正で歯を動かすときに歯根膜は重要な働きをします。

矯正装置を取り付けると、この歯根膜に力が伝わります。歯が動く側の歯根膜は縮みます。反対側は歯根膜が引き伸ばされます。歯根膜には一定の厚さを保つ性質を利用するのが歯の矯正です。縮んだ歯根膜は元の厚さに戻ろうとします。この際に骨を溶かす細胞の働きが活発化されます。

伸びた側の歯根膜は骨を作る細胞を作ります。骨を作る細胞を作ることで、歯根膜は縮ます。こうした作業を繰り返すと歯が動いていきます。骨を溶かす細胞と骨を作る細胞を上手く活用するのが、歯の矯正装置の仕組みです。矯正装置によって歯に弱い力をかけ続けます。そのことによって骨ができるのを待つのを繰り返します。

こうした力を加えるときは、慎重におこなう必要があり、歯や歯の周囲の骨に負担をかけずにおこなう必要があります。そのため3から5週間くらいのペースで歯科医院に来院して矯正装置を調節してもらいます。歯を動かせるのは一か月で0.5ミリから1ミリぐらいと言われていますので、歯の矯正をするときは一定期間かける必要があります。

歯の動きには骨の代謝が大きく作用しています。歯の矯正装置を付けるときは痛みが心配ですが、痛みというよりは引っ張られている感覚がはじめに生じます。矯正装置を付けてから、平均6時間ぐらいで痛みを感じます。痛みのピークは36時間後くらいといわれています。翌日の夕食が痛みのピークとなることも多いです。人によっては、装置を付けた当日の食事から痛むこともあります。

さまざまな状況を想定することによって

歯の矯正治療をするときは、痛みの想定もしておくのが大切です。歯の矯正をするときは痛みなども心配ですが、目立つのも気になります。金属製のワイヤーは目立ちますので、歯の裏側の矯正を選ぶ人も多いです。裏側矯正は歯が目立たない利点があります。歯の裏側矯正で歯を動かす仕組みも表側矯正と同じです。歯の裏側矯正は上の歯だけおこなうことも可能です。

下の歯は従来の表側矯正するとことで、費用を抑えるのが可能となます。下の歯の場合は上側の歯よりも矯正装置が目立たないです。歯の裏側矯正は表側矯正と異なる点があります。隣り合ったブラケットの距離が表側の矯正装置と比べて短くなります。歯の裏側は表側とは異なり複雑な形をしています。

そのため矯正をするときに手間がかかります。裏側矯正の装置は以前よりも進化していますが、発音障害が出ることもあります。歯の裏側に矯正装置を設置すると、ちょっと舌足らず声になりがちです。発音障害は慣れていくと、なくすのも可能です。

どのようなメリットがあるかを考える

販売など人と接する機会の多い仕事の人がこうした裏側矯正を選ぶことも多いです。歯の裏側矯正をするときは、オーダーメイドの矯正装置を裏側に付けます。歯科矯正をすると、これまでコンプレックスだった歯並びが綺麗になります。歯並びの良さによって、自分に自信を持つこともできます。

表側矯正よりも時間と手間と費用がかかる裏側矯正ですが、目立たないという大きなメリットがあります。歯の矯正を迷う理由として、ワイヤーが目立つことがあります。歯の矯正の進化によって、裏側矯正も確実におこなえるようになっています。進化する歯の矯正法を上手く活用するのはとても大切です。

 

歯の矯正法は進化していて、歯の裏側にワイヤーを付けることで、目立たない矯正も可能となっています。歯の矯正をするときは、歯を少しずつ動かしていきます。設置するワイヤーなどは、一定期間経つと調節する必要もあります。歯並びが良くなるメリットはとても大きいです。これまでコンプレックスだった歯並びが良くなることで、自分に自信を持つ人は多いです。歯の矯正をするときは歯科医院を上手く選ぶ必要があります。歯の矯正のために通う歯科医院は実績があって、信頼できる必要があります。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧