最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正に健康保険は適用されるの?

裏側矯正については、治療を行うにあたって必要となる費用がとても高いという特徴があります。

一般的に考えて、表側矯正においては70から90万円ほど掛かってくるのに対して裏側の相場に関しては100から120万円ほどになります。

高レベルの技術や特徴のある作業が強いられるため、その分だけコストは高くなります。

ですから保険適用か否かが重要なポイントになります。

 

裏側矯正ができないクリニックも存在します

適用の可否の前に、裏側の矯正で治療することができない症例を理解することが大切です。

実際には治療することが難しい症例は存在していません。

しかしながら、歯列矯正の中にあっても技術力を入り用としハードルの高い矯正のテクニックといわれています。

その結果、裏側そのものをしてない歯科クリニックも非常に多く、歯の一面にワイヤーを活用することによって固める表側矯正のほうが一般的です。

とても高い技術力を必須としている治療のためクリニックの中にはサイト上などで裏側をすすめていても現実の上でカウンセリングを実施した結果、歯の並び方が向いてない、時間がかかるので表側矯正にしましょうなどといったことを言われ、その結果表側矯正になることもあります。

これに関しては、そのクリニックのテクニックでは行うことができないという証ともいえます。

要するに、裏側をしたいにもかかわらず、表側や他の矯正方法をすすめることは、クリニックに技術力を必須とする処置を施せないことになります。

歯列矯正の技術力の高さそのものが虫歯治療といった技術力の高さに繋がってくるのかどうかは明確にはいえませんが、疑う余地もなくいえることは、ウェブサイトのトッなどで裏側の治療もできると主張しながら、カウンセリングによってできない、あっていないという歯科クリニックは避けた方が賢明です。

歯は年をとるにつれて老い、メンテナンスを怠れば、抜け落ちてしまうこともありますが、大切にすれば一生を共にできます。

歯のある日々の生活とない日々の生活では健康寿命にも関係してくるといわれています。

矯正は年を重ねても歯の健康状態を損なわず、自分自身の歯を利用することによって食べ咀嚼し日々生活するために行うケアでもあります。

歯の一生を考慮した治療にもかかわらず、スキルのない歯科クリニックで健康寿命を損なったら主客転倒です。

それを避けるためにも歯科矯正を実施するクリニックは細心の注意を払って吟味することが必要です。

 

表側矯正のみが保険が適用されます

歯の矯正といいますと相当なお金がかかると連想している方も多いでしょう。

たしかに、虫歯治療と照らし合わせると驚くくらい高い金額の治療費が要されるものです。

そして、裏側矯正に関して保険が利用できるのかについてですが、残念でありますが適用がされることはありません。

これに関して矯正については、病気ということではなく歯の並びを修正して魅力あるようにみせる美容目的という捉え方だからといえます。

しかしながら、どの矯正に関しても適用されないのかといえばそのことも違います。

ひとつの例として顎変形症といった顎や骨の変形がみられるというようなケース、あるいは、唇顎口蓋裂といった先天性疾患を患っているケースです。

これらに関しましてはお手入れするにあたり外科的治療の手術などが必要となってくるので、保険適用が認められています。

しかし、保険適用されるのは表側矯正だけということになります。

 

外科的療法も適用外になってしまいます

それに加えて裏側矯正を選択すると矯正費用の適用はおろか、外科的療法も適用外となってしまうことになります。

とにかく、どういったケースにしてみても裏側においては適用されないので気をつける必要があります。

裏側矯正につきましては歯の裏に器具を実装し歯列を魅力あるように整えるものですから、通常のように暮らしているぶんには他の人に矯正を行っていることを気づかれることはありません。

したがって、矯正器具を第三者の目に晒したくないという方が取り組む矯正方法として奨励できます。

芸能活動を営んでいる人やセールスマンの人、接客業を仕事としている人には裏側の矯正が賢明かもしれません。

歯の矯正を実施することは珍しいことではありませんが、日本国内にはいまだに歯を矯正する文化がそれほど身近になっていません。

その影響を受けてか矯正器具を表に着用しているとその所が目を引き、とても目を引いてしまいます。

とりわけ、矯正はどういった方法を選択したとしても程度の差はあれど時間のかかってしまうものといえます。

適用されないことを理解しつつ治療にあたることが重要になります。

 

オーソドックスな矯正治療に関しては自費診療になるので、適用されることはありません。

しかしながら、外科矯正が求められる顎変形症及び唇顎口蓋裂並びに他の先天性疾患の矯正治療に関しては適用されることになります。

一方、裏側矯正については、適用されませんので注意が必要になります。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧