最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正は痛みがある?

ワイヤーやブラケットといった矯正器具を歯の表面ではなく、裏側に装着する矯正治療は矯正器具が目立ちにくいとして人気を集めています。ただ、治療中に痛いと感じる人もいるようです。どうして痛くなってしまうのか、考えられる原因をチェックしてみましょう。

 

 

 

矯正器具を装着したときに出ることが多い

裏側矯正はワイヤーなどの矯正器具を歯の裏側に装着する治療法です。ワイヤーに力をかけて徐々に歯を、正しい位置へと動かしていきます。実はこの治療法だけでなく矯正治療全般に言えることですが、治療を開始した直後は痛いと感じる患者さんが多いようです。ワイヤーで歯を締め付けるような形となるため、感じ方には個人差はあるものの歯が浮いているように感じたり、歯が少し締め付けるような痛みが出ます。

また患者さんによっては痛痒く感じるケースもあるようです。このような痛みは矯正器具をはめてから1日から2週間程度がピークとされています。ただ、矯正器具の調整を行うたびに痛いと感じるので、その点は考慮して矯正治療を受けましょう。矯正器具で歯の締め付けを行うと歯の根っこの部分がはがれて、歯槽骨という歯の根を支える骨の部分が新たに出来上がるまでの間に炎症を起こします。

炎症は一時的なものなので時間が経過すれば、自然と改善されていきますが調整をすると、1日から2週間程度が痛いと感じることがあるという点は、矯正治療を行う上で覚えておきたいポイントです。ただ、痛さで日常生活に支障が出てしまうのも問題です。裏側矯正を行う歯医者さんの大半が、鎮痛剤を処方してくれます。痛さが気になるときは鎮痛剤を飲んで対処するようにしましょう。痛いと感じるのは矯正器具をつけてから1週間程度がピークですので、上手く鎮静剤を活用して乗り越えることをおすすめします。

矯正器具が当たって痛いと感じることもある

裏側に矯正器具を装着する治療法は、比較的口腔内に傷ができにくいと言われていますが、やはりゼロではありません。ワイヤーやブラケットといった矯正器具が舌に当たり、それが原因で痛いと感じることがあります。矯正器具が歯の裏側にあるという状態になれていないと、舌が矯正器具に当たってしまい擦れて炎症や口内炎を起こしやすくなるので注意が必要です。

ただ、矯正器具に舌が当たって炎症や口内炎ができるというトラブルは、治療を続けるうちに慣れていき起きにくくなります。一般的になれるまでには1ヶ月程度の時間がかかると言われているので、この間は我慢しましょう。また、何回も舌が矯正器具で擦れることで粘膜部分が強くなり、傷がつきにくくなるケースもあるようです。傷がつきにくくなれば不意に舌が矯正器具に当たってしまっても、傷から炎症や口内炎を招くリスクも軽減されます。

他には食事をした時に痛いと感じるケースも挙げられます。矯正器具を装着した直後に起こる歯の根っこの炎症と、ワイヤーなどの矯正器具が舌に当たり傷ができたという、2つの要因が重なり噛むと痛みを感じやすくなるのです。矯正器具を装着した約1週間程度は、歯の根っこの炎症と舌の傷とで食事中に痛いと感じやすいかもしれません。

この時期はできるだけ柔らかい食事を心がけて、口腔内や舌、唇に負担をかけないようにすると良いでしょう。もし、口内炎ができてしまっても歯医者さんに相談すれば、口内炎用のパッチを処方してくれる所もあります。口内炎用パッチは、口内炎部分にシートのようなパッチを張り付けて口内炎部分をガードするものです。口内炎がなかなか引かないという場合は、口内炎用パッチの活用を考えてみるのも良いかもしれません。

食事の時だけでなく歯磨きをする際にも、痛いと感じる人がいるようです。これも矯正器具を付けて、歯の根っこが炎症を起こしていることで起こります。時間が経過すれば歯磨きの際も痛いと感じることは少なくなりますが、それまでは優しくブラッシングするのがおすすめです。

関連痛によって痛く感じることがある

裏側矯正を行う際に場合によっては、小さな輪ゴムをかけることにより歯に負荷をかけ、歯を正しい位置へと動かすケースがあります。このような施術を行った場合、関連痛によって痛いと感じることがあるようです。小さな輪ゴムは主に寝ている間につけるのですが、長い時間輪ゴムで引っ張られた状態となるため、これが要因で頭痛に繋がります。

寝ている間につけるので、朝起きたときに頭痛を感じやすいと言われています。頭痛があると不快ですが、治療として必要な行為なので慣れるのを待つしかありません。矯正器具があることに慣れて舌が傷つかなくなるのと同じで、やはり小さな輪ゴムをはめる施術も慣れると頭痛を感じにくくなります。

頭痛だけでなく関連痛として挙げられるのが肩こりです。歯が痛いと感じると口の中から顎にかけての筋肉が緊張します。すると、その筋肉の緊張によって頭痛や肩こりが引き起こされるケースもあるのです。また、歯の矯正によって歯の位置などが今までと変わるため、使っている筋肉の位置も微妙にずれてしまうことで、頭痛や肩こりを招くケースも考えられます。

 

裏側の矯正中に痛いと感じる要因には、矯正器具での締め付けや舌などが当たって傷ができる、そして関連痛などが挙げられます。どれも慣れれば解消されるものなので安心しましょう。もし、時間が経過しても痛いと感じる場合は、他に問題がある恐れがあるので迷わず歯科医師に相談することをおすすめします。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧