最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

噛み合わせが深いと裏側矯正ができない?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/11

目立たない治療として「裏側矯正」が注目を集めています。矯正したいけど歯の表側に金具をつけるのは嫌だという人に人気の比較的新しい矯正ですが、治療が適している歯列もあれば適していない歯列もあります。専門のクリニックなら症例数が豊富で医師の技術力が高いので、最小限の負担で裏側矯正ができる場合が多いです。

こっそりと治療をして歯列を治せる

裏側矯正はリンガルブラケット矯正や舌側(ぜっそく)矯正ともいって、生まれつきの噛み合わせの悪さを気づかれないで矯正できる日本生まれの最新矯正システムです。歯の裏側、つまり舌側にブラケット装置をつけて治療をする方法で、審美性に優れているのが特徴です。

ブラケット装置自体は目立ちやすい銀色ですが、前からは見えない舌のほうにつけるため、矯正治療をしていることが他人に気づかれことは少ないです。最近は大人になってからこっそりと歯列矯正をしたい人が増えていると言いますが、裏側矯正ならそのような人達のニーズに応えることができます。

ただ歯の裏側にワイヤーを通すのでとても操作が難しく、繊細な職人技の技術が必要であると言われています。ワイヤーの種類もその人の歯列や歯のサイズに合わせて選ぶ必要がありますし、操作する位置や角度などを正しくしないと痛いし矯正自体が失敗に終わります。そのため、今のところ裏側矯正を提供しているクリニックが限られているのが実情です。

全国的に見ると矯正歯科自体は無数にありますが、裏側矯正を治療に取り入れていないところは多くはありません。ただ、都内のほうには専門のクリニックもいくつか存在します。最先端の歯科設備を揃えている上に専門的な技術と知識を持つ医師が在籍しているクリニックなので、安心して治療を受けることができます。

上下とも裏側のフルリンガルの特徴

ワイヤーとブラケット装置を裏側全体につけておこなう治療のことを、矯正歯科では「フルリンガル」と言います。フルリンガルは、費用はかかってもいいから全体的に歯並びを良くして噛み合わせを改善したい向けの治療です。

下顎が出ている受け口や上顎が出ている出っ歯などは見た目がマイナスですし、食べ物を咀嚼することも不自由です。また、ブラッシングでケアしにくいことから歯周病や虫歯になりやすいという欠点もあります。しかし、フルリンガルによる矯正治療なら、そういう不具合も他人にばれないでこっそりと修正できます。

裏側矯正の専門クリニックに行けば、基本的にどんなに噛み合わせが深くてもフルリンガルによる治療で対応してくれます。ただし、歯がひどく舌側傾斜気味の場合、裏側矯正をするとより悪化する恐れがあります。その場合は、医師の診断によって表側矯正を勧められるケースが多々あります。

また、歯や歯槽骨のコンディションが悪いと矯正はできないので、事前にしっかりと治しておく必要があります。これは裏側矯正だけではなく、矯正治療全体に言えることです。歯がすきっ歯でない限り、場合によってはスペースを確保するため抜歯が必要になってくることもあります。

予算を抑えたいならハーフリンガル

全体ではなく出っ歯やすきっ歯、八重歯など、前歯の一部分だけ矯正で治したい人に向いているのがハーフリンガルです。ハーフリンガルとは上の歯だけ裏側にして、下の歯だけ表側にするという治療です。これは笑ったときやしゃべったときなどに見えやすい上の歯だけブラケット装置をつけて、あまり見えない下の歯は普通の表側矯正にするというものです。

上下の歯全体にブラケット装置をつけるフルリンガルよりも費用が安く済むのがハーフリンガルの大きなメリットです。予算をだいぶ削ることができるし、下の歯だけ表側矯正にしても特に問題がないケースであれば、ハーフリンガルで十分歯列が矯正できます。

出っ歯をハーフリンガルで矯正する場合、前歯の左右にある第一小臼歯を抜歯してからブラケット装置で後ろに引っ込めていくのが一般的です。そうすることで歯がスムーズに動きやすくなり、完成したときに見栄えが美しい歯並びになります。

噛み合わせがしっかりと正しくなるようにするため、場合によっては下の歯の一部分も抜歯することがあります。これは医師の診断にもよるし、個人の歯並び・噛み合わせの状態や歯のサイズによっても異なります。

なるべく健康な歯を失いたくないなら、抜歯をしない矯正をモットーにしている矯正歯科に相談に行くなど、いくつかのクリニックに行ってカウンセリングを受けると希望が通りやすいです。

 

フルリンガルもハーフリンガルも外観からは見えにくい裏側矯正の一種です。噛み合わせが深いとできないということはなく、専門的な高度な技術を持つ医師ならできることが多いです。基本的に一般的な矯正歯科よりも、専門クリニックに相談に行ったほうが完成した後の満足度が高くなります。職業柄人と接することが多く仕事に支障をきたすことなく噛み合わせを修正したい人は、一度専門クリニックに足を運んでみるのがおすすめです。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧