最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

色々ある歯の矯正の種類


自分では鏡越しにしか見ることができない歯。

しかしながら、人に与える印象を大きく左右するパーツでもあります。

さらに歯並びが悪いと発音や表情にも影響を及ぼしますし、社会人になってから「歯のケアしておけばよかった…」と後悔している人も多いのではないでしょうか。

歯並びケアが必要な人、そして本当の目的とは

歯並びを良くする方法として、最も代表的なものと言えばやはり矯正でしょう。歯科治療の一種で「歯並びを良くするのが治療の目的だ」と考えている人も多くいますが、もっと正確に言うと不正咬合(ふせいこうごう)の治療が1番の目的です。

不正咬合というのはいわゆる出っ歯(上顎前突)や受け口(反対咬合)の人など、歯のかみ合わせに不具合が生じているケースのことを指しています。この不正咬合を放置してしまうと、滑舌に影響したり、虫歯・歯槽膿漏にかかるリスクが増えてしまうのです。さらに顎に大きな負担がかかって顎関節症になったり、少しの衝撃で歯が折れたり破損するリスクも増えてしまいます。

つまり、歯並びを良くするだけでなく、口を始めとした体への様々なリスクを減らすために治療をするわけです。ちなみに、八重歯や顎変形症でも治療が必要なケースがあります。八重歯の場合、犬歯の部分だけ磨きにくく虫歯になりやすかったり、顎変形症では食べものが上手く咀嚼できずに、体に大きな影響を及ぼすこともあるのです。

口内の状態に合わせて正しいケア方法を選ぼう

一言で矯正と言っても実は色々な種類があることをご存知でしょうか。基本的にはブラケットと呼ばれるパーツを歯に取り付けて治療を進めるわけですが、パーツの素材や取り付ける場所に違いがあり、それぞれの治療に特徴があります。この特徴を知った上で、費用や自分の生活などと照らし合わせてどの治療方法が自分に向いているのかを判断しましょう

大別するとワイヤーを使用するものとマウスピースを使用するものの二種類に分けられます。ワイヤーでの治療法は有名で、知名度も高く多くの歯科医院で取り扱われているというのも良さの1つです。ワイヤー治療で最も知られるのは金属ブラケットによる治療でしょう。名前からわかるようにブラケットが金属になっているため、パーツが丈夫で耐久性もあり、費用も比較的安価です。歯の表面に取り付けるような形で、口を開くと人からブラケットが見えるため「治療中であることを知られたくない」という人や、人前に立つ仕事をしている人は避けることもあります。ブラケットが透明ないしホワイトカラーになっており目立ちにくいタイプの治療法も近年人気の治療法です。ブラケットの素材はプラスチックやセラミックなどで、ジルコニア製のものなどもあります。金属製よりはやや値段が高くなりますが、パーツが目立たないという点で若い女性や学生などに選ばれる傾向にあるといえるでしょう。

そして、歯の裏側にブラケットを装着して治療を進める、裏側矯正もチェックしておきたい治療法のひとつ。これは口を大きく開けたり、口を覗き込まなければブラケットが見えないため、周囲の目が気になる人にとってはピッタリの方法と言えるでしょう。さらに、歯の表面にパーツが配置されていないため、口の中の違和感も極めて少なく、治療期間が長くなりそうな人にも良い方法といえるのではないでしょうか。

ここまではワイヤー・ブラケットを使った方法についてご紹介しましたが、次にマウスピースを使った治療についてもご紹介しましょう。マウスピースはスポーツなどでも使われるもので、ご存知のかたも多いでしょう。治療に使われるのは透明・白色のもので、非常に薄型なので口内の違和感も極めて少ないのが特徴です。ブラケットを使った治療では歯に器具が装着されていることもあり、歯と歯茎のセルフケアが難しくなってしまいます。そのため歯科医院に通う頻度も多くなりがちですが、マウスピース型のものであれば、今までどおりのデンタルケアができますから、通院の手間が省けるというメリットがあるといえるでしょう。このように治療方法にはいくつかの種類があり、またそれぞれにメリットがあるため、歯科医院で医師と相談をした上で治療の方針を決めることが大切です。

意外と気になる痛みや費用についてのアレコレ

歯科治療全般に言えることですが「歯の治療は痛いから嫌だ」「違和感が続くのが苦手」と避ける人が多くいます。歯並び治療についても同様で「痛そうだから…」と考えている人も多いでしょう。実際の所、ブラケットを着用しての治療は痛みを感じる人も多く、装着した当日や2~3日は食事をするのもいたいと感じる人がいるようです。しかしこの痛みはあくまで一時的なもので、1週間前後で痛みがなくなり、その後は食事や日常生活にも支障がない程度に改善されます。とはいえ、装着の仕方やブラケットに使用している素材によって痛みの強弱も変わりますから、痛みに耐えられないような場合には医師に相談するのがオススメです。

また、治療にかかる期間や費用に関しての悩みも多く聞かれますが、こちらは個人差が大きく影響するため明確な期間や費用を提示するのは非常に難しいでしょう。医師との相談はもちろん、どうしてもという場合にはセカンドオピニオンとして違う医院での相談をしてみるのも良いかもしれません。

どうしても腰が重くなりがちですが、歯は変えのきかない大切なパーツです。だからこそ体に及ぼす影響も大きいですし、重要視すべき部分と言えるでしょう。歯並びケアといっても方法は様々あります、まずは歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧