最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正をするためには親知らずを抜歯する必要はある?

歯列矯正のやり方には色々ありますが、裏側矯正は最も見た目を損なわない方法として、大人を中心に人気が高まっています。

矯正を行うときには歯を抜くことが一般的といわれていますが、必ず抜かなければ裏側の矯正をつけられないのかどうかご紹介していきます。

 

全ての人が歯を抜く治療を行うわけではない

東京都内には複数の歯科医院が存在し、それぞれの意見がありますが、奥歯を抜歯することは全ての歯列矯正では当てはまりません。

歯の状態や歯茎、歯を抜くことによって起こるメリット・デメリットを考え、トータルで安全性とメリットを生かす方法をとることが一般的です。

なお、歯の矯正で歯を抜かなければならない場合としてあげられているのは、口元が出ている場合や口が閉じづらい場合だといわれています。

また、それ以外にも歯並び自体が全体的にあまりきれいではなく、口の中で物をかみづらい状況にある場合も歯を抜いて調節する可能性が高いです。

全ての人が歯を抜いてしまうわけではないため、親知らずが映えてきたからといって歯列矯正前に抜くようなことはさけてください。

抜歯が必要な人であっても、歯を抜くのは親知らずではなく、小臼歯と呼ばれる、前歯から数えて4番目から5番目にある歯が一般的です。

小臼歯を抜くことで歯列矯正に大きな影響を与えてしまうのではないかと不安に思う人も多いですが、抜いた歯のスペースが必要となります。

歯列矯正では歯ぐきに隙間がないために、歯並びがきれいに並んで生えなくなってしまっているのを治療する方法です。

歯が抜けたスペースにゴムや金具などを使って歯を移動させることによって、歯並びをきれいにさせることを目的とした治療法です。

歯並びの状況に応じて抜歯するかどうかは異なりますので、事前に医師に確認を取ってから歯を抜くかどうか、相談をしてください。

 

親知らずを抜かなければならない?

歯の状況によって、歯列矯正を考えているなら親知らずを抜いたほうがいい場合は存在していますが、事前にレントゲン撮影をする必要があります。

レントゲンの結果によって、歯列矯正を行う前に親知らずを抜いてしまい、矯正の邪魔にならないようにしなければ治療が進まないからです。

なぜ共生治療の前に親知らずを抜かなければならないのか、その理由としてあげられているのは、生え方が特殊な場合といえます。

生え方が特殊な場合とは、親知らずが正常な歯の生え方ではなく、斜めや横向きになって生えてしまっている場合です。

人によっては正常な歯の真横に生えており、骨の奥にうずまっている場合もあるため、歯並びを前に押し出してしまうリスクが高くなります。

結果としては並びの治療をしているはずなのに、中々理想どおりの結果が出ないとして悩んでしまう患者が増えてくるでしょう。

そのため、骨の中で生えてきていないにしても、レントゲンで確認することで歯の状態が横向き、あるいは斜めであった場合は抜くことが必要です。

また、歯ブラシで中々磨いていても届かず、親知らずがうずくように痛いといった虫歯の症状を出すことは、よく知られています。

虫歯になってしまっている場合には他の歯にも大きな影響が懸念されるため、抜いたほうがいいでしょう。

また、反対側の歯が何らかの原因で抜けてしまっている場合にも、バランスが悪くて歯や歯茎に悪影響をおよぼす危険があります。

この場合にはなるべく早く抜いてしまうことで、歯茎や歯への悪影響を避けて、安心して歯列矯正を受けることが可能です。

 

親知らずを上手に使って治療を行う

正常な生え方をしていない親知らずは抜いたほうがいいといわれていますが、正常な親知らずの場合には歯列矯正に利用ができます。

1本でも他の歯を何らかの原因によって失っている場合には、ない歯の代わりに親知らずを使うことで、矯正がスムーズに進む場合です。

インプラントを利用しては並びをスムーズにきれいにすることも可能となっていますが、歯をきれいに整えるために親知らずを利用する人も少なくありません。

また、奥歯に病気や虫歯がある場合、虫歯の歯を抜いて歯列矯正をスムーズに進められる方法もあるといわれているため、利用しやすいでしょう。

歯の状況によってはインプラントを入れなければならない場合もあるといわれていますが、状況によって自分の歯を使うことでスムーズに進めることができるといいます。

歯並びをきれいにするためにインプラントを入れることによって、費用が高額となる場合も少なくありませんので、正常な親知らずを上手に使うことが必要です。

正常な生え方をしているのであれば親知らずも通常の歯と同じであり、悪影響をおよぼすことは一切ありません。

そのため、歯の状態や生え方を意識して、きれいに生えているかどうか、医師に相談して歯列矯正に挑んだほうがいいでしょう。

特に裏側矯正の場合、通常よりも時間がかかると懸念されている場合が多いため、自分の歯を使ってスムーズに移動させる選択肢も必要といえます。

 

歯列矯正では必ず親知らずを抜かなければならないイメージを抱いている人は少なくありませんが、実は抜く歯は親知らずではありません。

小臼歯を抜くことが一般的となっていますが、虫歯や傷んでいる歯の状態によって、多少異なるといわれています。

事前にどの歯を抜くのか、医師と相談のうえで必要となれば親知らずを抜く選択肢も少なくないですが、必ずしも親知らずではなくていいでしょう。

むしろ治療に活用できる正常な生え方をしている親知らずであれば、抜く必要は全くありません。

 

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧