最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

歯列矯正中にやってはいけないこと

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/25

歯並びが悪くて食事がスムーズにできずストレスが溜まっている、対面中心の仕事なので歯並びが悪く人目が気になるなどの悩みを持つ人はいませんでしょうか。今では、歯列矯正ができる歯科医が増加していて、治療がより身近なものになりました。ただ、治療を受けるにあたってはいろいろなことを知っておかなければなりません。

普段からの食生活に注意をしよう

歯並びが悪いことは、見た目が悪いだけでなく健康にもよくないということが浸透し、それにつれて矯正治療を受ける人も増加傾向にあります。今では、以前より痛みの少ない治療方法や、矯正していることを周りから気づかれにくい方法など、さまざまなニーズに応えられるようになっています。

そのような話を聞くと、自分も歯列矯正をしてみたいと考える人もいるかと思いますが、その前に治療中にやってはいけないことを知っておきましょう。そうした知識を付けておけば、うっかりミスが減らせてトラブルになることを予防できます。まずは、食生活に関するしてはいけないことについて知りましょう。

とくに治療初期に気を付けておきたいのが、硬い食べ物や歯に粘着するような食べ物を避けるという点です。おせんべいなどの硬い食べ物は、矯正装置の故障の原因にもなります。また、飴玉を早めに噛んでしまう癖があるという人も注意してください。歯に粘着しやすい食べ物の代表格がガムです。

出先で食後に歯を磨く暇がないときなどについつい口にしてしまいがちな人は、治療中はミントタブレットなどに変えておきましょう。朝にヨーグルトと一緒に、ドライフルーツを食べるという人も注意が必要です。以外に歯にくっつきやすいですし、甘みが強いので虫歯になる可能性もあります。糖分の多いジュースなどを飲む際にも注意が必要で、飲んだらすぐに歯磨きなどをするようにしましょう。

激しい運動などにも注意する必要がある

次に、歯列矯正中に注意したいのが、激しい運動です。通常のスポーツや日常生活で起こり得る動きのレベルならば問題ありませんが、歯を強く食いしばるような運動や動きがある場合は注意が必要になります。たとえば、スポーツでいえばボクシングやウエイトトレーニングなどマウスピース着用が必須の物は控えましょう。マウスピースをするということは、それだけ歯へのダメージが大きいということです。

さらに、歯列矯正書記は歯と矯正器具があまり馴染んでいないため、パフォーマンスの低下という点も考えておきましょう。通常のデスクワークなどの仕事であれば歯を食いしばるシーンはあまりないかもしれませんが、急に重いものを運ぶことになったなど、注意しなければいけない場面はいくつも考えられます。歯に負担を与えないように、しっかりと腰を落として片膝をつくようにして物を持ち、背筋を伸ばして起き上がると歯への負担が少なくできます。

その他、最近ストレスが溜まると歯を食いしばってしまうという、クレチング症候群に悩まされる人も少なくないといいます。ストレス以外にも、寝ているときなどに無意識に歯を食いしばってしまうというケースも見受けられます。こうした自覚症状がある人は、上下の歯が接触しないような意識付けをしたり、首や肩周りに効くストレッチを行ったりするようにしましょう。医師に相談して、自分に合った症状の解消方法などを聞くということも忘れずしてください。

その他さまざまなパターンを知っておこう

その他、口を使う楽器を演奏するということも治療中にやってはいけないことの一つです。吹奏楽で使うような金管楽器と矯正器具が演奏中にぶつかってしまう可能性があり、お互いを傷つけてしまう可能性があります。そうしたことに対応するためのワックスも発売されてはいますが、必要に迫られない限り演奏をしない方がよいでしょう。

矯正中は以前通りの口の動きができない可能性も高く、演奏パフォーマンスの低下という点も否めません。不規則な生活というのも、歯列矯正の治療を長引かせてしまう要因の一つです。体の新陳代謝が悪くなると、歯の周りの組織の新陳代謝も進んでいきません。

歯肉などの代謝が悪くなると器具の矯正する力が発揮できず、結果として治療期間が長くなります。歯肉の健康を維持するという意味では、過度な喫煙や長時間同じ体勢でいるということも、やってはいけないことの代表例といえます。いずれにせよ、健康によくないことが、そのまま歯列矯正をするにあたりやってはいけないことにつながります。

 

ここに書いたこと以外にも、やってはいけない細かなことはいろいろと存在します。やってはいけないことをやってしまうと、歯列矯正にかかる期間が延びてしまう可能性は高いです。ただでさえすぐに治療が完了するものではないので、日頃からの生活に気を付けて期間を短くするという意識付けが求められます。自分の生活スタイルを考えて、不安に思うことがあれば医師に相談してみるのもよいでしょう。やってはいけないことを少し我慢して、一刻も早く歯列矯正を完了させ、健やかな毎日を送れるようにしてください。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧