最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正中に楽器を演奏することは可能?

裏側矯正中にスポーツや音楽を楽しみたい方は、歯への負担に注意しながら安全に楽しめる方法を見つける事が必要になります。

歯に負担がかからないようにしたい時に、専門医に相談をして、医療用のマウスピースを装着するなどの対策を取れます。

 

前歯に注意することで楽器演奏が可能です

学生で吹奏楽部に所属している方の中にはクラリネットの演奏を担当する方もいますし趣味で演奏を楽しむ方も多く、大人になってサックスに挑戦する方もいます。

ピアノなど、指を使う演奏は矯正治療中でも全く問題なく演奏ができますが、口でくわえて演奏するサックスは、前歯に負担がかからないように注意が必要です。

例えば、出っ歯がコンプレックスとなっている方で矯正治療を行っている方の場合、演奏中、前歯に負担がかかると歯の移動を妨げてしまう恐れがあります。

トランペットも唇にマウスピースを押し付ける形になるため、前歯に負担がかからないように注意する必要があり、楽器があたると表側に矯正装置が付いていると痛いです。

演奏する事も考えて、安心して矯正治療を受けられるようにしたい方は、裏側矯正を行う事で、矯正装置があたらないように注意しながら、演奏できるようになります。

裏側に装置を取り付ける場合も前歯に負担がかかりすぎないように注意しながら、トランペット演奏の練習を行う事が必要です。

楽器を安心して演奏できるように対策を取りたい方は、専門医に相談をして、装置をガードするために歯科用マウスピースを装着するなどの対策を取る事をおすすめします。

楽器の演奏だけではなく、ボールを使うスポーツや格闘技も、口に強い衝撃が加わらないように注意する必要がありますしマウスピースで保護する事も重要になります。

スポーツや楽器の演奏をする方は、矯正治療を始める前に専門医に相談をする事で、患者一人一人に合った治療を進めていけます。

基本的に装置の取り外しは治療効果が下がってしまう事のないように、避ける必要がありますが演奏会など、大事な時期のみ外すことは可能です。

結婚式など、とても大切な日は装置は外して式に出たい方も多く医師に相談をする事で、装置の取り外しに対応してもらえます。

装置を外している期間はできるだけ短くする事が重要なので、医師とスケジュールの調整をきちんと進めていく事が求められます。

 

矯正治療の期間を知る事も必要です

矯正治療が終了すれば、歯への負担を心配し過ぎることなく演奏を楽しむ事ができるようになるため、矯正治療の期間を知って、治療の計画を立てる事は重要になります。

永久歯の矯正治療を行う時に、歯の動きも考えて平均2年程度待つ必要があり、矯正治療期間もやりたいことはきちんとできるように環境を整えていく事は大事です。

歯の動きは個人差があり、早い人では1年くらいで治療が完了する場合もありますし、患者さんの年齢や歯の状態によっては3年くらいかかる可能性もあります。

たくさんの患者さんの歯を診てきたベテラン専門医を見つけるなど、いろんなデータを取っていることで治療期間など、知りたい情報を教えてもらえます。

まず相談をする時間をきちんと作り、たくさんの情報を集めてから信頼できる専門医に治療を行ってもらい、定期的に相談できる環境を整えていく事も必要です。

大人になってからも矯正治療は可能なので、接客の仕事をする方など歯並びが気になる方も矯正治療を考える事をおすすめします。

裏側矯正なら、見た目が気にならないように治療を続けていく事ができるため、大人になっても安心して矯正治療を続けていけます。

ご年配の方でも健康な歯があれば、矯正治療を行う事は可能ですが、歯の移動のスピードが遅い可能性もあり専門医にしっかりと相談してから決める事が大切です。

 

治療技術が高い歯科医院選びも大事です

安心して矯正治療を受けられるようにするため、治療技術が高い歯科医院を見つけるための比較を進めていくことをおすすめします。

費用の安さばかりに注目してしまうと、医療ミスが発生する可能性があり矯正治療の期間は長いため、安心感を持って治療を受けられるように環境を整えていく事が必要です。

治療でミスがあると、歯の位置がずれてしまうなどトラブルが起こる可能性があるため、事前に歯科医院の実績や技術の高さを調べる事が重要になります。

比較サイトをチェックする事により、技術や実績にも注目しながら歯科医院の情報を集める事ができますし、設備が充実する歯科医院を見つける事もできます。

いろんな治療法を用意してくれたり、器具にもこだわっているところを見つける事によりユニークな方法での治療を選択できるなど選択肢が広がっていきます。

 

演奏会など、大事な日だけ装置を外す方法もありますが、治療効果を下げないためにも、外す時間はできるだけ短く抑える事が重要です。

専門医に相談しながら、装置を外すスケジュールの調整をすることをおすすめします。

口で楽器の演奏をする前に、前歯に負担がかかる可能性のある演奏はトラブルが起きないように、専門医に確認をしたり裏側矯正で負担を抑える事にも注目です。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧