最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

日本と海外の歯列矯正の認識の違い

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/14

笑顔になったときに違いがハッキリとする歯並びですが、生まれつき歯並びがいい人と悪い人が存在します。歯並びの悪い人がその状態を継続すると、歯のトラブルが発生しやすくなります。歯並びを改善するには歯列矯正をする必要がありますが、日本と海外では矯正に対する認識に大きな違いがあるので、他国の事情を理解しておくのも大切です。

海外では歯列矯正をするのが当たり前です

外国人も日本人も同じように歯が生えていますし、食事や会話をするときに重要な役割を担っています。しかし歯に関する認識には違いがあり、自分の歯を高齢者になるまで残したいのであれば、外国人から学ぶべきことが存在します。海外といってもいろいろな国が存在しますが、欧米では歯並びを矯正して若いときから綺麗にしておくのが普通の認識になっているのが現実です。

日本でも子どものときから歯列矯正をする人は増えていますが、海外に比べるとまだまだ多くの人が歯並びを意識する状態にはなっていません。日本では八重歯を可愛らしいと捉える人も存在しますが、海外では矯正をして歯並びを改善したほうがいいと認識される可能性が高いです。

八重歯の人の見ためは可愛らしくも感じますが、本人が歯磨きをするときに上手く歯垢を取りきれなくなることが想定できます。綺麗な歯並びでもしっかりと歯磨きをしなければ歯垢が溜まってしまうので、歯並びが悪い人はより意識して磨く必要があります。子どものときは両親が歯磨きについて強く指導しても、磨き残しが発生してしまうものですから、子どもの歯並びは両親が率先して改善してあげるのが大切です。

海外では歯並びが悪いと歯列矯正も行えないような貧しい家庭と認識されてしまうこともありますから、日本の認識で外国人と交流すると恥をかいてしまうリスクすら存在します。歯並びが悪いと常に歯のトラブルが発生するリスクを抱えながら生活をしていくことになりますから、高齢者になるまでに自分の歯を失ってしまう可能性も高いです。

歯の治療に関する認識から大きな違いがあります

日本と海外の歯列矯正の認識に関する違いはハッキリとしていますが、歯の治療に関する考えかたから違いはあります。日本では歯のトラブルが発生したときに歯科クリニックに行くケースが多いですが、海外では予防に力を入れているので、歯にトラブルが発生する前から歯医者さんとコミュニケーションを取るのが普通です。

虫歯や歯周病などで痛みが発生した段階から歯科クリニックを利用すると、治療が成功しても歯などにダメージが残ってしまうことが考えられます。症状が進行している虫歯であれば歯を削ったりする必要がありますし、神経にまで達している状態であれば、抜歯をしなければいけないこともあります。

永久歯を抜歯してしまえば、再び自分の歯が生えてくることはありませんから、インプラント治療などを検討する必要があり、とても大変です。海外ではそのような問題が発生する前から予防的に治療をしていくのが普通であり、虫歯や歯周病になるのを事前に防いでいくことになります。

そのため歯に痛みが発生していない段階から歯のケアに力を入れていきますから、深刻な虫歯や歯周病になる前にしっかりと対処することが可能です。歯のトラブルを予防する方法として歯列矯正が存在するので、多くの人達が歯並びを改善するのが普通になります。歯列矯正が医療保険の対象になる国も存在しますから、国自体の歯に関する認識に違いがあるのが現実です。

歯列矯正にはいろいろな方法があります

日本での歯列矯正は器具を歯の表側につけて治療していくのが通常ですが、裏側矯正として歯の裏側に器具を装着する矯正方法も存在します。歯の裏側に器具を装着するので、大人でも安心して歯並びを改善できる魅力があります。海外では積極的に多くの人達が歯列矯正をしてきた歴史があり、その過程で矯正の技術も向上しているのが現実です。

歯並びが凄く悪い人が矯正をしようとすると難易度も上がりますが、最新技術を率先して取り入れている歯科クリニックを利用することで、理想的な歯並びを誰でも手に入れることができます。虫歯や歯周病になりにくい歯並びを手に入れることは、口臭が発生しにくい状態を手に入れることにもつながるので、社会人としての強みも手に入れられるのが素敵です。

 

日本と海外では歯列矯正や歯に関する認識に大きな違いがあります。欧米などでは虫歯や歯周病を予防するほうに力を入れており、歯並びの矯正もその流れで行われています。歯並びを改善することで虫歯や歯周病などの歯のトラブルを事前に防ぐことができますから、理想的な歯の治療方法です。

しかし日本では歯並びを矯正しようとすると高額な料金が発生したりするハードルがあるので、気軽に治療を受ける人はまだまだ少ないのが現実になります。子どものときは両親の金銭面の問題で矯正を受けられなかった人が大人になってから治療を受ける場合は、裏側矯正などの治療方法も存在するので、私生活に支障が発生することなく歯並びを綺麗にすることが可能です。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧