最新【2021年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミ でも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正を最短で!効率的に予約を取るコツとは

公開日:2021/03/01  最終更新日:2020/12/16


歯並びはその人の顔の印象を大きく左右します。綺麗な歯並びだと口元が上品で、清潔感があり、知性を感じさせます。歯並びにコンプレックスがあれば、積極的に矯正治療を施すとよいでしょう。しかし、矯正治療は一般的に治療が長くなるといわれています。できるだけ最短で、効率よく治療するにはどうしたらいいのか悩んでいる人も多いです。

歯並びを治療する重要性について

日本人は歯並びにコンプレックスを抱えている人が多いといわれています。日本人の顎は、欧米諸国の人と比較しても小さく、歯が綺麗に顎に収まりきらない人が多いです。そのことで、八重歯や出っ歯の日本人が多いともいわれています。

また、矯正歯科治療が欧米ほど進んでおらず、子どものころに適切に治療していないので、大人になって歯並びに悩んでいる人も少なくありません。背景には、矯正治療が健康保険適応外の治療であり、高額な治療費がかかることも影響していると考えられます。

しかし歯並びが悪いと、さまざまな影響があるのはいうまでもありません。出っ歯であれば、口が突出して顎に梅干しのようなしわができ、見た目がよいとはいえません。また、噛むことにも問題がみられます。歯並びが悪いと上下の歯の咬み合わせが悪く、うまく食べ物をかみ砕けなくなります。

そのことで、胃腸に負担がかかることもあります。発声や発音にも問題がみられる場合があり、コミュニケ―ションにも支障をきたします。咬み合わせが正常でないことで、片方の奥歯だけで噛むようになってしまい、顔に歪みが生じることもあります。

肩こり、頭痛なども引き起こし、それが慢性化している人も珍しくありません。歯は見た目だけではなく、このように体にもさまざまな悪影響を及ぼすことがあるので、矯正治療が非常に重要だといわれています。

現代における歯並び治療の多様性について

数十年前までは、歯並び治療というと歯の表面にワイヤーとブラケットを装着する治療法が主流でした。原理は簡単で、ワイヤーを徐々に縮めて、歯の表面に圧力を加えることで歯を動かし、歯並びを綺麗にしていきます。

東京の多くのクリニックで、以前はこの方法が主な治療法でした。しかし、最近の東京のクリニックでは、従来型の治療法にはとどまらず、さまざまな治療法が提案されています。

その一つに、インビザライン矯正というものがあります。インビザライン矯正は、ワイヤーとブラケットを歯の表面にはつけません。そのかわりとして、透明のマウスピースを装着し、歯に圧力をかけて動かしていきます。従来の矯正治療は、歯の表面の装置が目立ち、それを人に見られるのが嫌だとして、治療をためらう人が多かったのです。

透明のマウスピースを用いるインビザラインであれば、人に治療を気付かれる心配がありません。そのため、東京の多くのクリニックで人気の治療法となっています。しかし、インビザラインは重い症状には不向きとされています。

こうした、重症な歯並びには裏側矯正治療が最適です。ワイヤーやブラケット装置を舌側に付けて歯を動かしていきます。表面に装置がないので、治療を気付かれる心配がありません。裏側矯正治療だと、症状が悪くても治療することが可能です。見えない治療で、どのような症状にも、対応できるので東京のクリニックで、需要がある治療法となっています。

裏側矯正をできるだけ早く効率的に実現するには

裏側矯正は従来の歯の表面に装置を付けるよりも、原理が複雑です。そして医師の高度な知識と技術を要する治療法です。そのため、従来の治療法よりも治療期間が長くなる傾向があります。従来の矯正治療が2年程度の期間が必要であれば、症状の程度で前後しますが、1.5倍程度の治療期間を覚悟する必要があります。

しかし、患者としては裏側矯正であっても、最短で効率よく治療を完了させたいと思うでしょう。最短で効率よく治療するには、予約の取り方にポイントがあります。裏側矯正治療には、月に一度のワイヤー調整や交換が必要になります。

月に一度のペースで滞りなく行えば、最短で効率よく治療を完了することにつながります。毎回のワイヤー交換の際に、次回の診察日を決して忘れないように予約を入れることが大きなポイントです。予約を忘れてしまうと、次のワイヤー交換日が一ヵ月半から二ヵ月後になってしまい、治療期間が長引きます。だから、受診後に次の予約を必ず入れるように日課にすることが大事です。お会計の時に、次回の予約を取るのが最も効率よく、治療が滞ることがありません。

また、ワイヤーの調子が悪い、痛みがある、ブラケットが外れたといった場合には、即日ケアしてくれるクリニックを選ぶことが大事です。そうしたクリニックを選択していれば、治療期間が延びるということはありません。ブラケットが外れた状態で、一ヵ月後の受診日を待っていると、それだけ歯が動かず治療期間が延びてしまいます。

 

矯正治療は見た目を美しくするだけではなく、体の健康の観点でも重要な治療です。裏側矯正は、見た目の悪さを解消して治療ができので、東京で人気の治療法です。裏側矯正は、従来の治療よりも長い治療期間を要します。そのため、できるだけ早く効率的に治療を完了するには、受診後に次回の予約を入れて治療が滞らないようにする必要があります。そうすることで、治療期間が延びずに完了できます。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧