最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

歯列矯正で小顔になれることもあるって本当?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/04

少し前の話になりますが、歯並びをよくすると小顔になるという見解がメディアで取り上げられて、話題を集めたことがあります。歯並びと顔のサイズ間は無関係のように思えますがまったく無関係というわけでもないようです。確かに歯列矯正は歯並びやかみ合わせを改善することを目的にしており、小顔になることを目的にしているわけではありません。

とはいえ、人間の風貌の印象をきめる輪郭線は、かみ合わせと何らかの関係があるのは事実です。それというのも歯並びが改善することで輪郭線がシャープになり、印象がかわったとの実感をもつ人も少なからず存在していることによります。歯列矯正が小顔になるとい噂の真偽のほどはどうなのでしょうか。

かみ合わせが悪いと顔が歪む?

男女問わず美しい風貌の条件のひとつに左右対称である、という事実があります。そのため左右いずれかでサイズや違うと歪んだ印象を与えるので、顔の印象を気にする方が少なくないのではないでしょうか。顔が歪む原因のひとつにかみ合わせの悪さが関係しているとの見解が有力です。

たとえば歯の高さが不整であったり、かぶせ物や詰め物などの影響で歯並びが悪くなったりしていることがあります。不整なかみ合わせは、特定の部位に負荷が集中していたり、顎に不自然な力がかかっていたりする状態です。このような状況が慢性化すると風貌のバランスが崩れることがあります。

矯正治療はこのようなコンディションを正常化させる効果があるので、輪郭線などのバランスが回復することもあるようです。また普段の食生活のなかで、人間は左右どちらかに負担をかける咀嚼をするクセがついていることも珍しくありません。

顔面には筋肉が数々分泌していますが、咀嚼が偏っていると一方だけの筋肉が発達し左右のバランスが崩れることがあります。歯並びを改善すると、同時に食物を咀嚼するときは、バランスを意識してみるのも対策になるかもしれません。そして歯列矯正のときには、歯を動かすすき間を確保するために親知らずを抜歯することがあります。抜歯すると歯を支えていた骨が萎縮するので左右のえらが目立たなくなり、小顔な印象を与える余地もあります。

歯列矯正するときの治療の流れ

歯並びや噛みあわせを改善することで、副次的に小顔に見せる効果がある程度は期待できるようです。いびつな歯並びや悪いか見合わせは、食生活の満足度を低下させ、風貌にも影響を与えます。そこで歯列矯正に関心を抱く向きも少なくないでしょう。しかし治療の流れがよくわからないために、二の足を踏んでしまうかもしれません。そこで歯列矯正の治療の流れを御紹介します。

まずは治療を受けるクリニックを探すことから始めましょう。矯正治療にはいくつかの方法があり、それぞれのコンディションに最適な治療は異なります。また外見などの問題から、目立たない治療を受けたい等の希望の条件などもあるはずです。

そこで矯正治療の実績が豊富で、最新の治療技術にも精通した専門医にかかることがベターです。価格の安さだけを宣伝しているようなクリニックではなく、治療実績が治療法などを積極的に公開しているクリニックを選ぶようにしてください。クリニックの目星がついたら、電話で予約をとるとカウンセリングの日程を取ってくれます。カウンセリングのときには、希望や不安を率直に伝え抜歯が必要か否かも確認してください。

歯並びの状態によっては抜歯をする必要があり、他方で健康な歯を抜くことに抵抗感をもつ方も少なくないからです。実際の治療は定期的に通院して、装具の調整やメンテナンスを繰り返しながら、歯並びを調整していくことになります。そのため主治医の計画通りに通院することが重要です。

歯列矯正は口内の状態にあわせて治療法を選択

歯列矯正の治療には代表的な方法に2種類存在しています。基本的にはブラケットを装着して、中長期的に歯に負荷を加えて歯を動かして正常な歯並びへと調整していくという方向性では同じです。従来、矯正治療で主要な方法は金属製のブラケットを装着し、ワイヤーを通して歯に固定するというものです。

いずれも金属素材でできており、ワイヤーの弾力性を活かして、定期的にワイヤーに力を加えて少しずつ歯を移動させてゆきます。パーツが丈夫で耐久性があり、費用も比較的安価なため現在でも主要な治療法となっています。

しかしブラケットは容易にみえるので、人前にたつ仕事をしている方などからは敬遠される傾向があります。そこで最近ではブラケットの素材がプラスチックやセラミックなどを使用したブラケットを装着するという方法も登場するようになりました。

人目に付かないという点では、二つ目の治療法の裏側矯正というのも、検討する価値はあるはずです。この治療は名前どおり歯の裏側にブラケットを装着するので、口を大きく開けない限り人目に触れることがないので人気を集めています。さらに葉の表面に装具をつけることがないので違和感も極めて少なく、治療に長期間必要な方でも快適に日常生活を過ごせるでしょう。ただし新しい治療法のため費用が高額になる傾向があります。

 

歯列矯正は小顔効果を狙ったものではなく、あくまで歯並びやかみ合わせを改善することを目的にするものです。しかし歯並びやかみ合わせは顔の左右対称性を維持するためのバランスをくずす要因のひとつになっていることがあります。そのため治療の結果、歪みが改善されて左右のバランスが回復する、エラが目立たなくなるなどの影響で、結果的に小顔の印象を与えることがあるようです。

治療は歯列矯正治療の実績が豊富で確かな技術と信頼できるドクターの在籍しているクリニックを受けることにあります。ブラケット矯正や裏側矯正など、そのときの状況や希望にあわせて治療を選択することになるでしょう。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧