最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査してご紹介します!

裏側矯正をすると口内炎になりやすい?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/18


東京の矯正歯科でも裏側矯正を行う例はたくさんあります。ですが、いくつか問題点がありそれを克服しておく必要があるでしょう。ではどのような問題が考えられるでしょうか。これから裏側矯正をするならばぜひ知っておきましょう。

裏側矯正の特徴を理解しておくこと

裏側矯正自体は、今までのやり方と異なりさまざまなメリットがあります。そもそもこのやり方が通された背景には、少しでも周りの人に知られることなく矯正をしたいという思いがあるからです。そのためセラミックで目立たないものが開発されていますが、それだけでは不十分でやはり完全に見えなくすることを希望している人が少なくないわけです。

そこで、裏側矯正が出てきました。これは、すべての歯医者さんでおこなってくれるわけではありません。比較的最近出てきた技術ですので、昔からの歯医者さんであまり学会などに出席していない人や新しい技術を習得することなく昔の技術にこだわるところは、このような技術を持っているところは少ないです。

むしろ、若手の歯医者さんが所属しているあるいは若手の経営者が経緯している歯科医のほうがこのやり方に詳しかったりします。歯の裏側にブラケットをつけることにより、本人と家族以外は全く矯正している事実を知らないという例も少なくありません。その事実を話してみて、初めて矯正していることがわかることもあるでしょう。

このように「少しでも目立たなく歯科矯正をしたい」という欲求を満たすことができるこのやり方は非常に多くの人から注目を浴びることになりました。料金自体も、通常の歯科矯正とそこまで違いがないため積極的にこのやり方で歯科矯正をしてもらおうと考える人が出てきました。

ただ、歯の裏側にブラケットを入れることにより口内炎ができてしまうという問題が出てきます。このような問題点をあらかじめ知っておいたうえで裏側矯正をするのが良いかもしれません。

どのような理由で口内炎ができてしまうのか

口の中が痛いと思って鏡を見たところ、白くなっている部分があったとすればそれは口内炎の可能性が高いです。これは、口の中や舌できることがありそこに触れると痛みが伴います。神経が過敏になっているところですので、ちょっとした刺激でも随分と痛いわけです。

ときには、話しをすることすら苦痛に感じることもあるかもしれません。また、人間は食事をすることが重要ですが食事をするたびに炎症しているところに食べ物が当たってしまい悶絶することもあります。もちろん場所によってあまり痛みが伴わないこともありますが、多くの人は一度ぐらいその痛みを感じたことがあるはずです。

これができる原因は、ビタミンCが不足していることが考えられます。この場合には、ビタミンCを摂取することで解決することがほとんどです。ただ、1日や2日で解決することはなく、1週間も時間が経過するといつの間にか治っているといった感覚になるでしょう。

それ以外の理由は、歯が口の中にあたっている場合です。この部分が刺激になり次第に痛みが伴うことが考えられます。もう少し正確にいえば、歯が口の中に何度も当たると、口の中に傷が付いてしまいます。そして口の中にはたくさんの菌がいることからそれらの菌が傷口に入り込み、結果的に口内炎を発生させるようになります。

そして、裏側矯正をした場合も歯が当たるのと同じようにブラケットの部分が口の中にあたってしまい、やがてそこからばい菌が入って口内炎に発展することも考えられます。このようになると、ブラケットをつけることのデメリットが発生しているといってもよいぐらいです。

これを治すためには、市販薬で治す方法もありますが、その中でも貼り薬が販売されておりしばらく口の中に貼り付けておくことで治すことも可能になります。それ以外には、塗り薬を塗る方法も手軽におこなえる方法です。ただ、頻繁に食事や飲み物を飲む場合には薬が流れて行ってしまうため寝る前などに塗っておくことが大事になります。

裏側矯正をした場合には、そもそも原因が特定されていますのでこの原因をなくしていくことが重要になります。

裏側矯正と口内炎の解決方法を知ろう

裏側矯正のブラケットが口の中に当たりそれがきっかけでできものができてしまったとすれば、直接的に解決する方法としてブラケットを変化させるしかありません。例えば、ブラケットを非常に薄いものに取り換えるなど口の中に当たらないように工夫をしてもらうことも重要になります。

まだ口内炎ができていない段階でどの歯医者にするか迷っている場合にはなるべくブラケットの表面が平らで凹凸のないもの、そして出っ張りが少ないものを利用できるところを選ぶべきです。当然通常のものに比べると薄くするため技術が必要になります。裏側矯正の中でも比較的高いお金を支払わなければいけませんが、苦痛を避けることができるため十分なメリットもあるといえます。

それ以外にも、歯磨きがしやすくなることや滑舌が良くなることも考えられます。これらのメリットを考えれば、とにかく目立たなければよい、あるいはブラケットさえ入れればよいという考え方から1歩進化させてより抵抗の少ないものを選ぶのが良いかもしれません。

 

歯科矯正をするときにブラケットが目立つのが嫌ならば、裏側矯正をするのがよいです。ただこのときに、口内炎ができてしまうようなこともあります。口内炎ができる理由の一つは、ブラケットの部分が口の中にあたってしまうからです。

これを防ぐためには、塗り薬などで一時的に応急処置をすることができますが、そもそもブラケットの形が悪かったり大きさが大きいと口の中に当たる可能性が高いため、小さなものに変えてもらう必要があります。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧