最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正中の食事制限はある?


見た目に影響しない歯の矯正として人気になっている裏側矯正ですが、歯の裏側に器具を装着することで何か食べ物を食べる際に制限などあるのでしょうか。そんな食事制限について詳しく紹介するので、興味のある方はぜひチェックして下さい。

 

 

 

矯正器具をつけたままの食事について

出っ歯や歯並びが悪いなど、見た目を改善する為に歯の矯正をする人がいますが、近年大変注目されているのが歯の裏側から矯正をする裏側矯正です。これまで歯の矯正といえば歯の表面に矯正器具を装着し矯正するのが一般的でしたが、やはり歯の表面ということもあり、見栄えがあまり良くありません。その為、矯正をしたくても気が引けてしまうという人も多かったのではないでしょうか。

しかし歯の裏側に矯正器具を装着することで、正面から見た時でも歯の矯正をしていることが分からず、見栄えを気にすることなく装着することが出来るので大変おすすめです。見栄えが良いというメリットがありますが歯の裏側に装着する為、食事制限などないのか不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

確かに歯の裏側に装着する為、矯正器具の間に食べ物などが挟まってしまうこともありますし、器具自体繊細なものですから硬いものなど食べる際に気になってしまいます。矯正器具を装着中はやはりあまり固いものなど食べてしまうと矯正器具に影響が出てしまう場合もあります。矯正器具のワイヤー部分が歪んでしまうなど変形してしまう場合もあるので注意が必要です。固いものを食べる際は、最初から小さくカットしておくなど工夫をすることが大切です。

矯正器具に違和感を感じたらすぐに歯医者さんへ

食べ物を食べる時には出来るだけ矯正器具に負担が掛らない様に柔らかく煮たりゆでたり調理方法をアレンジしてみることをおすすめします。せっかく矯正をしているのに、食べ物の影響で歪んでしまって調整し直すことになってしまっては大変です。

また、ガムやおもちなど粘りが強いものを食べてしまうと、それが矯正器具ついてしまい取るのが大変です。無理に取り除こうとして、ワイヤーに影響が出てしまっては大変なのでこちらも出来るだけ控えることをおすすめします。ある程度矯正器具に慣れてくれば自分で食べ方を工夫することが出来、ある程度のものであれば不自由なく食べることが出来ます。

ただし、無理に噛んだりすると影響が出てしまうので、出来るだけ矯正器具に影響が出ない食べ物を食べることをおすすめします。また、もし矯正器具が歪んでしまったなど違和感を感じたら出来るだけ早く歯医者さんに行ってみてもらいましょう。矯正器具は微妙な調整を行いながら慎重に歯に装着をしています。少しでも歪みなどが出てしまっては、きちんと効果が出なくなってしまうので注意が必要です。そのまま放置してしまうと、治療期間が長引いてしまったり、口の中を傷つけてしまうことになる場合もあるので、速やかに掛り付けの歯医者さんに行きましょう。

しっかり歯磨きをして虫歯予防をしよう

歯の裏側に矯正器具を取り付けすることで、見栄えも変わらないので大変おすすめです。しかし矯正器具は表面に装着している場合でも裏側に装着している場合でも歯磨きがしづらいというデメリットがあります。そのことをしっかりと頭の中に入れておき、歯を磨く際は念入りに磨くことをおすすめします。

矯正器具の間に食べ物が詰まった際も、出来るだけ早く歯ブラシで磨いて取り除きましょう。そのまま放置してしまえば虫歯のリスクが高まってしまいます。矯正器具はメリットもあればデメリットもありますが、きちんと矯正器具の仕組みを理解することで大変便利に使用することが出来るでしょう。きちんと歯を矯正し歯の位置を正しい位置に改善することで、歯の噛み合わせもよくなり、おいしく食べ物を食べることが出来るでしょう。

また、出っ歯など見栄えにも影響する場合もある為、やはり出来るだけ早い内から矯正をすることをおすすめします。子供の場合いは成長に合わせての矯正が必要になりますが、やはりそのままにしてしまうと大人になった時に歯並びが悪い事がコンプレックスになってしまう場合もあるので、きちんと矯正をすることをおすすめします。

歯の裏側に矯正をしたとしても表面に矯正をした時と同様の効果を得ることが出来ますし、外側から見えないところが最大の魅力です。矯正をしていることをバレたくないという人にもおすすめですし、職業柄人と話をする機会が多い仕事の人でも安心して装着することが出来るでしょう。ぜひ上手に利用して見栄えを良くしましょう。

 

歯の裏側から矯正器具を装着することで、見た目に違和感が出ない為大変おすすめです。見栄えを気にしてこれまで矯正をすることが出来なかった人や、人前に出る仕事の人でも安心して利用することが出来るでしょう。また、裏側矯正をしている時の食事制限についてですが、硬い物や粘着力の強い食べ物を食べる際は注意しましょう。矯正器具が歪んでしまうなどのトラブルが起きてしまう場合もあるので、食べる際は小さくカットしたり柔らかく煮るなど工夫をすることをおすすめします。ぜひ上手に利用して歯並びを改善しましょう。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧