最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

抜歯をしていても裏側矯正はできる?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/08/21

裏側矯正の治療を受けたいときに、抜歯をしている場合は裏側矯正を行うことができるのでしょうか。

そこで、抜歯をしている人も裏側矯正ができるかどうかということについてこれからご紹介してみたいと思います。

矯正は歯を抜くことが必要とされるケースもある

歯の裏側矯正は、通常の矯正方法と違って、できるだけ目立たないように歯並びを整えていくことができる矯正方法になります。歯の裏側に矯正装置を設置することによって歯列を矯正していくようになるため、矯正していることが分かりにくいというメリットから選択する人も多くいます。

矯正をするときには健康な歯を抜歯することでスペースを作って歯を移動させるという方法はよくありますが、最近ではわざわざ抜歯をしなくても歯列を整えていく方法などもあります。そのため、抜歯をしていても必要な治療ができるという場合には抜歯をしていても裏側からの矯正をおこなうことができるということになります。

例えば、非抜歯による治療を希望しているけれども、どうしてあごのスペースと歯の大きさのバランスが合わずに歯を抜く必要があるというケースもあります。そのため、歯を抜いておこなう矯正治療は、歯を抜かないでおこなう矯正治療よりも、治療そのものができるという点でより可能性ともいえます。

東京でも矯正そのものをしたいという場合には、歯を抜いて治療をおこなっていくという覚悟がときに必要になることもあり得るでしょう。歯を抜いて治療を受けるということはそのようなときに裏側矯正治療を受けられるということをより確実にしてくれるでしょう。

歯周病で歯を抜くケースはどうなのか

歯の裏側から矯正をおこなうことは、矯正中の見た目が気になるという人々によりメリットの多い歯列矯正方法です。この方法を選択したいというときに、歯を抜いている人も治療をおこなうことができるのかという点が疑問としてあります。この点については、歯を抜くということについては、歯列矯正をよりしやすくなる可能性を高めるといえますが、一方で歯周病によって歯を抜いたというときにはまた違った見方が必要になります。

歯周病は、日本人が歯を失う原因でトップにあるといわれる歯科疾患で、多くの人々が治療している疾患とされています。この歯周病が原因で、歯がぐらついたり、炎症が起きたなどの原因で歯を抜いたとき、その部分をカバーするために矯正をおこないたいという人もいるといえます。そのようなケースで裏側矯正は可能なのでしょうか。

歯周病の場合は矯正が簡単でないケースになる

歯周病が進行して歯を抜くようになってしまったケースでは、歯を支えるあごの骨の量が少なくなってしまうことが特徴的です。そのようなときに裏側からでも歯の位置を動かすということになると、なかなかの難しさがあるということなのです。

もともと顎骨の密度が少なくなっている部分に歯を移動させるため、移動させた後の歯がしっかりと新しい位置に固定されるかどうかという点では、健康な顎骨に移動をさせるということになるのとはまた違っています。そのため、裏側矯正というより、矯正治療が可能かどうかという点についてまず考えることになるといえます。

歯周病に罹患すると、時間を掛けて次第に歯を支えている顎骨がとかされてしまい、そのことで歯を支える土台を失っていきます。歯周病菌の毒素によって顎骨が吸収されていきますが、その際には傷みもありませんので自覚症状なく進行することが歯周病の特徴です。知らないうちに歯の土台の骨が溶かされていき、歯がぐらつくという症状が出たときにはかなり症状が進行してしまっています。

この状態になると、しばしば炎症が起こりやすくなってしまい、激しい痛みなども生じて最後は歯を抜くことで対処がおこなわれるという流れとなってしまうものなのです。このような状態で歯を抜いたというケースでは、動かしてきた歯をしっかりと支えるあごの骨自体の密度も小さくなってしまい、せっかく動かしてしまっても歯がしっかりと固定しずらいという状況が心配されます。そのため、裏側からの矯正であっても、矯正自体が難しいという状況になる可能性があります。

 

歯の裏側から矯正治療をおこなう方法を選択するとき、抜歯していても治療が可能かどうかという点についてはケースによって異なります。必要なスペースを確保するために歯を抜くという場合には治療しやすくなることで選択できることも増えるといえます。それに対して、歯周病で歯を抜いたというケースであれば裏側からの矯正も治療しづらさがないとはいえないでしょう。

そのため、どのような原因で歯を抜いたのかという点を考慮して、治療できるかどうかについて考えていくことが必要です。そのため、歯を抜いていても裏側から矯正ができるかどうかという点は、歯を抜いた理由が大切といえます。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
銀座矯正歯科の画像
渋谷矯正歯科の画像
記事一覧