最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正を行うには抜歯をしなければならない?

歯は体の中でも重要な部分の一つと言えるでしょう。

ですからできるだけ病気で歯が抜けることがないよう努力している人もいます。

もし治療の一環として抜かないといけないと言われたら、できるだけ抜かずに行ってほしいと感じるかもしれません。

問題がないなら残しながら矯正してもらえる

8020運動と呼ばれるものがありますが、これは80歳において20本の自分の歯を維持するための努力をしましょうとする運動です。

歯は乳歯と永久歯があり、子供のころに乳歯が抜け落ちて永久歯に生え替わりますが、その後歯が抜けるとそれ以降は生え替わることはなく、抜けたままになってしまいます。

どんどん抜けて自分の歯が無くなってしまうと、健康的な食事に支障が出る時がありますし、日常生活にも影響します。

8020運動は、歯が抜ける原因を作らないよう努力する運動になります。

一生懸命病気などで抜けないように努力をしているのに、裏側矯正の治療を行うときに抜歯をしなければならないとの話を聞くかもしれません。

歯列を正しくしようとするときに、ある歯が邪魔になるときがあり、それを抜いた方が早く矯正ができるということで抜かれる時があります。

歯の病気で抜けてしまうのは仕方ないですが、健康な歯を抜かれるのには抵抗を感じる時もあるでしょう。

治療においては必ず抜く行為があるわけではありませんので、まずは問診やカウンセリングで現状を確認し、さらに正しい歯並びの状態もシミュレーションします。

多くの人は今の歯をそのまま用いながら、それを正しい位置にすることで矯正する方法になります。

必ず抜かないと治療が受けられないわけではなく、歯科医院によっては極力抜かない治療をしてくれるところもあるので、相談すると良いでしょう。

あごの大きさなど抜いた方がいいケース

人の顔の形は様々で、大きな顔の人もいれば小さい顔の人もいます。

顔の大きさが異なればそれぞれの部位の大きさも異なるので、骨の大きさなどを比べると違いが出る時もありますし、歯列が良くない時に歯列矯正をするのが良いと言われるかもしれません。

裏側矯正を行うには抜歯をしなければならないと言われたとき、それをそのまま受けるべきかできるだけ抜かずに行ってくれるところで行ってもらうかです。

まずは歯列が良くない理由を知る必要があるでしょう。

先天的に良くないのか、生活によって悪くなったものかです。

スポーツ選手などは通常の人より歯を食いしばることが多く、それが原因で歯並びが悪くなるときがありますが、その場合普通に生活をしていれば歯並びは悪くならないので、矯正後に又悪くなる可能性は少ないため、抜いてまで行う必要はなさそうです。

一方先天的に顎の大きさが小さかったり変形しているときがあり、顎が小さいとその分歯がきれいに並ぶのに十分なスペースがなく、そのために歯列が悪くなった可能性があります。

何とか抜かずに歯列をきれいにしたけども、顎が小さくてスペースが足りない状況が変わらなければまた少しずつ歯列が悪くなる可能性があるので、この場合は顎に合った歯の本数にする方が良い時があり、抜くことできれいな歯列を維持できるかも知れません。

抜かなくても削ったりする方法などがある

子供の時に抜けた乳歯を保管している人がいるかもしれませんが、その歯と永久歯を比較すると歯の大きさがかなり異なることが分かるでしょう。

なぜ乳歯が永久歯に代わるかですが、人の顔が大人になるにつれて大きくなるためです。

顔の骨などは成長につれて徐々に大きくなりますが歯そのものは横に広がったりはしません。

そこでそれまで使っていた小さい乳歯が抜けて、大人の口の大きさに合う永久歯が生えてきます。

本来であればそれぞれの人に会う大きさの永久歯が生えてくるので、普通に生活をしていれば歯列はきれいな状態になるでしょう。

しかし歯の大きさが顔の大きさに合っていないと、少しずつずれが生じて、どんどん歯列が悪くなってしまいますので、そうなると歯列矯正などで治療を受けなければならなくなります。

裏側矯正を行うには抜歯をしなければならないかどうかですが、選択肢としてはあるかもしれません。

でもどうしても抜きたくないのであれば抜かない治療方法もあります。

それは歯を削る方法です。

口の中のスペースがある程度決まっていて、歯の本数や大きさも決まっていますので、それが合わないと無理に矯正したとしてもまた戻ってしまいます。

その人の顔の大きさに合うように歯を削ることで、隙間などができないように矯正をしてもらえます。

この方法なら自分の歯をそのまま残しながら矯正することが可能になります。

削るのがいいのか、抜くのがいいのか、それ以外の方法はないかなどを確認しておきましょう。

サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
記事一覧