最新【2018年】東京都で裏側矯正(舌側矯正)をするならココがおすすめ!口コミでも評判の歯科医院を独自に調査して比較ランキングにてご紹介します!

裏側矯正のブラケットの装着方法とは?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/03


「歯並びが悪い」「噛み合わせが気になる」こうしたトラブルも矯正歯科で相談ができます。表側矯正だけでなく、見た目も目立ちにくい裏側矯正もおこなえます。この場合、装置を付ける作業や行程がありますが、どういった方法でおこなうのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

表側矯正と違って難易度も高くなる

歯列矯正といえば、銀色の装置を歯の表側に付けるイメージを持たれる人が大半でしょうが、あの装置はマルチブラケットといいます。表側のみならず、裏側矯正において装着することで、誰にもバレずに歯並びを整えることができます。ブラケットは、歯の矯正において必要不可欠なアイテムで、小さな金属製の突起物であり、これを取り付けてから、金属のワイヤーを通して、歯を動かしたり固定をするのです。

ワイヤーの締まり具合によって少しずつですが、それでも確実に歯を動かすことができる歯列矯正が容易におこなえます。東京には、矯正歯科や美容を謳う審美歯科などが存在しますが、一般歯科などでは表側矯正がおこなわれることが多いようです。裏側というだけで、治療は圧倒的に難易度が高まるようで、それだけに東京において裏側矯正をおこなえる矯正歯科はまだ少ないようです。

ちなみに、舌側矯正術とも呼ばれることもあるようで、予算の問題などから、上側の歯は裏から、下の歯は表からなど、組み合わせて使用される場合もあるようです。また、親知らずや骨格の関係などから、どうしても装置を付けるのが困難なこともあるようですが、矯正歯科でならば、奥歯のみを一般矯正で、ブラケットを付けられる部分だけに付ける、そうした方法も提案してくれますから、まずは相談してみましょう。

気になるブラケットの装着方法を知る前に、実のところ、取り付けるために歯の型取りをしなければならないようです。どうしてもデコボコとしているため、歯科医が微妙な位置を確認しにくく、取り付けの難易度も表側矯正に比べれば高いそうです。ワイヤーが真っ直ぐ取り付けられるか、しっかり圧接されているのか、確認するのも一苦労だといいます。

表側矯正のように規定のものとはいかず、オーダーメイドの装置が必要になります。ちなみに、型取りをしてブラケットを取り付ける行程はインダイレクトボンディングといいます。それだけ技術も求められるのなら、費用がかかるのも納得せざるを得ないでしょう。もちろん、保険や医療ローンを組むこともできますから、安心できそうです。

装着は1つ1つの行程をしっかり確認しながら

また、アレルギー体質の場合でも治療ができないわけではありません。すべての種類の金属を使用できないわけでないのならば、アレルギー反応を起こす金属を避けることで治療可能です。ちなみに、ニッケルにアレルギー反応を示す人も少なくありませんが、アレルギー反応が出にくいチタン製でオーダーメイドもできます。

東京の矯正歯科によって、裏側矯正のブラケットの装着方法は間接的な方法もあり、若干異なるようです。もっとも頻度よくおこなわれているのは直接的な方法で、触りだけ確認してみましょう。

まずは、歯面の清掃をおこなうところから始まります。ブラケット用のボンディング材に付属するエッチング剤を少量塗布しますが、このボンディング材やエッチング剤などは、いわゆる接着材や歯面調整材というものです。健全なエナメル質の歯に接着するので、接着処理による損傷を最小限に防ぐために、品質のよい接着剤が使われています。

前処理剤となるプライマーを歯面に塗布し、数ミリサイズのブラケットをピンセットなどでつまみ、ベースとなる面にボンディング材ペーストを少量盛ります。適切な位置にブラケットを置き、咬合面や舌側面から位置をしっかり確認、エキスプローラーという探針を使いながら細かな微調整をおこなうようです。こうした技術が必要だからこそ、専門医や専門の歯科でなければなりません。

光照射でしっかり固定させる方法

微調整できたことを確認してから圧接、ここでも十分に固定されているのか、動かないことをしっかり触って確認します。周囲の余剰レジンをエキスプローラーで取り除き、圧接しながら光照射で固めて密着させます。他の歯も同様におこなって、ワイヤーを通して締めていくという方法が一般的です。

表側矯正で使用するよりも、やや弱めのワイヤーを使用するようです。これには理由があり、舌などが装置に触れてしまい、口腔内や舌を傷つけたりしない予防策となっています。もちろん完了するまでにかかる時間も長くなる可能性がありますが、大差はあまりないようです。

 

裏側矯正のブラケットの装着方法は、間接的な方法もありますが、直接歯の表面に装置を接着させる方法が一般的です。一見して、簡単に見られる治療ですが、繊細な作業ばかりであり、固定されているのか、また、ワイヤーを通してからも再度、動きの確認をするなど、圧接に力を入れています。

技術の難易度も高く、それだけに後戻りすることもありません。治療前には、オーダーメイドで型取りもおこなわれるので、適した装置で治療期間を過ごすことができます。

東京でおすすめの裏側矯正医院一覧

イメージ12345
会社名銀座矯正歯科神宮前矯正歯科イーライン矯正歯科渋谷矯正歯科表参道高柳矯正歯科
ポイント銀座の老舗歯科医にして、裏側矯正のパイオニア的存在オリジナルの矯正技術が多くの患者に高く評価創業30年の老舗歯科医で、設備と治療には自信ありデジタル分野への注力を謳っている人気の矯正歯科表参道駅から徒歩1分、親切な対応が一部で評判
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の裏側矯正ランキング!
銀座矯正歯科の画像
渋谷矯正歯科の画像
記事一覧